メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

乗り物酔いの薬

乗り物酔いを防ぐ薬の多くは抗ヒスタミン薬です(市販薬: 抗ヒスタミン薬を参照)。これらは処方されることもありますが、店頭でも購入できます。乗り物酔いの薬は、30分から1時間前に服用するのが最も効果的です。

多くの場合、乗り物酔いの薬は眠気を催し、注意力が減退します。実際に、乗り物酔いの薬の1つである抗ヒスタミン薬ジフェンヒドラミンは、ほとんどの市販の睡眠補助薬で有効成分になっています。運転など注意力や集中力を必要とする活動を行う人はすべて、乗り物酔いの薬を服用すべきではありません。アルコールや睡眠補助薬、精神安定薬などの眠気を催し注意力を減退させる他の薬と、乗り物酔いの薬を一緒に服用してはいけません。

それ以外は抗ヒスタミン薬の副作用はまれです(市販薬: 抗ヒスタミン薬を参照)。乳児やごく年少の小児は興奮することがあるので、医師の監督指導がある場合以外は、乗り物酔いの薬を使うべきではありません。年少児は投与量が多すぎると幻覚やけいれんを引き起こし、ときには命にかかわることさえあります。

高齢者や妊婦、授乳中の女性は、抗ヒスタミン薬を含むあらゆる薬を服用する前に、医師に相談した方がよいでしょう。閉塞隅角緑内障や心臓病、便秘、前立腺肥大のある人も同様です。

乗り物酔いの薬を小児に使用する場合の注意

有効成分

薬を投与してはいけない小児(医師の指示がある場合を除く)

シクリジン 6歳未満
ジメンヒドリナート 2歳未満
ジフェンヒドラミン 6歳未満
メクリジン 12歳未満
ページの先頭へ

前へ: 制酸薬と消化不良の薬

次へ: 睡眠補助薬

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件