メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

クランベリー

背景: クランベリーはそのまま食べてもよく、ゼリーやジュースなどの食品に加工することもできます。

薬効: クランベリーはそのまま食べても、ジュースとして飲んでも尿路感染の予防と症状の緩和に役立ちます。尿路感染症を防ぐクランベリーの有効性は、立証されています。ある試験で、研究者たちはクランベリーが感染症を防いでいるとみられる1つの方法を突き止めました。加工されていない自然のクランベリージュースにはアントシアニジンが含まれ、これが尿路感染症を引き起こす主要な細菌である大腸菌が尿路壁に付着するのを防ぎます。

クランベリージュースを解熱や、一部の癌治療に使う人もいますが、こうした使い方が有効かどうかについては、科学的に立証されていません。

可能性のある副作用: 副作用は知られていません。しかしながら、クランベリージュースの大半は、酸っぱい味を中和するために非常に甘くしてあるので、糖尿病の人が飲む場合は甘みをつけていないものを選ぶ必要があります。

ページの先頭へ

前へ: ピコリン酸クロム

次へ: クレアチン

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件