メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

イチョウ葉

背景: イチョウ葉は、イチョウの木の葉から得られたものです。その葉にはギンコライドと呼ばれるいくつかの物質が含まれています。

薬効: イチョウ葉は血小板の凝固傾向を抑制し、血管を拡張して血流を良くし、炎症を抑えます。イチョウ葉を使用すると、脳や膝(ひざ)から下への血行が良くなります。めまいや、頭痛、耳鳴り、最近起こったことを忘れるもの忘れ、気分障害の治療にも役立つことがあります。免疫抑制薬のシクロスポリンによる腎臓障害を防ぐ効果もありそうです。

これらの薬効のいくつかを支持する証拠があります。ヨーロッパの多くの研究は、イチョウ葉の標準製剤によって、脳や脚への血行が低下した人の症状が軽減することがわかりました。たとえば、末梢動脈疾患のある人では、痛みなしで歩ける距離が増えました。米国の綿密に計画されたある大規模試験で、イチョウ葉がアルツハイマー病を含む軽度から中等度痴呆者の、精神的・社会的機能を安定化させたり、改善したりすることがわかりました。

可能性のある副作用: イチョウ葉エキスには軽い消化器の不調以外に副作用はありませんが、イチョウ葉を使用するときは、医師の監督指導を受けた方がよく、自己治療には向いていません。イチョウ葉が抗凝固薬やアスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬と相互作用すると、抗けいれん薬の効き目が低下することがあります。イチョウの木(街路樹や観賞用)の下に落ちている果肉と接触すると、ひどい皮膚炎になることがあります。イチョウ葉製品には果実は使いません。

ページの先頭へ

前へ: ショウガ

次へ: 薬用ニンジン

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件