メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

メラトニン

背景: メラトニンは脳の中央部にある松果体から分泌されるホルモンで、睡眠・覚醒サイクルを調整します。サプリメントに使用されるメラトニンは、動物由来のものか人工的に合成されたものです。

薬効: メラトニンは、不眠症の治療や時差ぼけの影響を最小限に抑えるのに役立ちます。標準時間帯を横切る旅行者は、出発した当日と到着後2晩か3晩メラトニンを服用すると効果があります。メラトニンは避妊や免疫系の増強、癌の予防に用いられてきました。

メラトニンのサプリメントが睡眠・覚醒サイクルに影響することを示唆する証拠があります。しかしながら、綿密に計画されたある大規模試験では、メラトニンは、時差ぼけの症状を軽減しませんでした。2、3の小規模試験だけがメラトニンのサプリメントが不眠症を治療できることを示唆するにとどまりました。メラトニンが妊娠や癌を予防できるという証拠はありません。

可能性のある副作用: メラトニンを服用して30分後に、眠気が生じ、1時間ほど続くことがあります。長期間使用した場合、メラトニンが安全であるかどうかについては不明です。理論的には、動物の脳由来のメラトニンを服用すると、ウイルスまたはプリオン感染症(旅行と健康: 睡眠障害を参照)が起こることも考えられますが、人工的に合成されたメラトニンからの感染は考えられません。頭痛や一時的なうつが報告されています。ふさぎこんでいる人がメラトニンを服用すると、症状が悪化することがあります。メラトニンは医師の指示の下で服用すべきです。

ページの先頭へ

前へ: 甘草(リコリス)

次へ: オオアザミ(ミルクシスル)

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件