メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

心室性期外収縮

心室性期外収縮(心室性異所性収縮、心室性早期収縮)は、正常な拍動が起きる前に、心室を起源とする異常な電気的活動の結果生じる余分な拍動です。

写真

心電図:心室性異所性収縮

心電図:心室性異所性収縮

心室性期外収縮は、頻度が高く、特に高齢者に多くみられます。この不整脈は、身体的あるいは精神的ストレス、飲みものや食べものからのカフェイン摂取、飲酒、プソイドエフェドリンのような心臓を刺激する成分を含むかぜ薬や枯草熱の治療薬の服用によって起こります。また、冠動脈疾患(特に心臓発作の最中やその直後)、心不全や心臓弁障害などの心室肥大をもたらす病気によっても起こります。

症状と診断

単発性の心室性期外収縮は、きわめて頻繁に起こらない限り、心機能にほとんど影響を及ぼさず、症状もほとんど引き起こしません。主な症状は、強い拍動や脈の飛びを感じることです。心疾患がなければ、心室性期外収縮は危険ではありません。しかし、心臓に形態学的な障害がある場合、心室性期外収縮が頻繁に起きると、突然死をもたらす心室頻拍や心室細動のようなより危険な不整脈に進行します。

心電図検査(心血管系の病気の症状と診断: 心電図検査を参照) は、心室性期外収縮の診断に用いられます。

治療

心室性期外収縮があることを除けば健康である人の場合、ストレスを減らす、カフェインやアルコールを避ける、心臓を刺激する成分を含む市販のかぜ薬や枯草熱の治療薬を服用しないようにする以外、特に治療は必要ありません。薬物療法は普通、耐えがたい症状がある場合と、期外収縮のパターンから心室頻拍や心室細動へ進行するような、心臓に構造的な問題がある、心室拍動が連続して起こるなどのリスクが予測される場合に実施されます。ベータ遮断薬が比較的安全なことから最初に用いられます。しかし、この薬は活動性を低下させるとして、服用を拒む患者もいます。

心臓発作の後に、心室性期外収縮を頻繁に起こす場合は、ベータ遮断薬を投与したり、血管形成術あるいは冠動脈バイパス術(冠動脈疾患: 冠動脈バイパス術を参照)を行ったりして、冠動脈疾患を治療することにより、心室頻拍や心室細動による突然死のリスクを減らします。抗不整脈薬は、心室性期外収縮を抑えますが、致死的な不整脈を起こすリスクを高める可能性もあります。したがって、抗不整脈薬は、患者個々に、致死的な不整脈を発症するリスクを評価して、注意深く適応を考慮した上で投与しなければなりません。

ページの先頭へ

前へ: ウルフ‐パーキンソン‐ホワイト症候群

次へ: 心室性頻拍

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件