メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

僧帽弁狭窄

僧帽弁狭窄とは、僧帽弁の開口部が狭くなり、左心房から左心室への血流に対する抵抗が増している状態です。

アニメーション

僧帽弁狭窄を理解する

僧帽弁狭窄を理解する

僧帽弁狭窄では、弁の開口部が狭くなっているために、そこを通る血流量が減少します。結果として、左心房内の血液量と血圧が増加し、左心房は拡張します。

僧帽弁狭窄は、ほとんど常に、レンサ球菌性咽喉炎や猩紅熱(しょうこうねつ)(細菌感染症: リウマチ熱を参照)を治療せずにいると起こることのある小児期の病気、リウマチ熱によって起こります。リウマチ熱は、感染症予防のために抗生物質が広く使用されている北アメリカ、オーストラリア、西ヨーロッパなどの地域ではまれです。したがって、現在、これらの地域において、僧帽弁狭窄は主に、リウマチ熱にかかった高齢者や、若いころに抗生物質の恩恵にあずからなかったか、移民で抗生物質の恩恵にあずからなかった高齢者に起こります。一方、抗生物質が広く使用されていない地域ではリウマチ熱は一般的な病気で、それにより成人、10代の若者、ときには小児にさえ僧帽弁狭窄が認められます。典型的なリウマチ熱による僧帽弁狭窄では、僧帽弁尖に部分的な癒着がみられます。

僧帽弁狭窄には、先天的なものもあります。この障害がみられる乳児の多くは、手術を受けなければ2歳を超えて生きることはまれです。

僧帽弁狭窄と関係はありませんが、粘液腫(左心房の非癌性腫瘍)と血液のかたまり(血栓)は、僧帽弁狭窄と同様に、僧帽弁を通る血流量を減少させる障害をもたらします。

症状と診断

僧帽弁狭窄が重度の場合は、左心房と肺静脈の血圧が上昇し、結果として、肺への体液貯留を伴う心不全を発症します。重度の僧帽弁狭窄のある女性が妊娠すると、急速に心不全に至ります。心不全になると、疲れやすく息切れがするようになります。息切れは最初、運動中だけに起こりますが、やがては安静時にも起こるようになります。一部の患者では、楽に呼吸できるのは、枕によりかかって上体を高く支えているときか、上体を真っすぐにして座っているときだけになります。

重度の僧帽弁狭窄では、肺の血圧が高くなり(肺高血圧症)、血液中の酸素濃度が低下します。この状態になると、ほおが濃い紫色に紅潮します(僧帽弁顔貌)。高血圧によって肺の静脈や毛細血管が破裂すると、喀血(かっけつ)がみられます。肺への出血量は普通少なく、大量の出血はまれです。

拡張した左心房は、異常に速く不規則に拍動(心房細動)します。その結果、心臓が血液を送り出すポンプ機能が低下します。

聴診では、血液が左心房から左心室へと狭くなった僧帽弁を通り抜けようとするときに、特徴的な心雑音が聞かれます。静かに開く正常な弁と異なり、異常のある弁は、左心室へ血液を送り出すために開くときに、はじけるような音をたてます。診断は普通、心電図検査、心房の拡張を示す胸部X線検査所見、超音波で十分に開いていない弁を通過する血液の状態を描出する心エコー検査によって確定します。手術が考慮される場合には、狭窄の程度と特徴をさらに詳しく調べるため、心臓カテーテル検査(心血管系の病気の症状と診断: 心臓カテーテル検査と冠動脈造影検査を参照)が必要になります。

予防と治療

僧帽弁狭窄は、抗生物質でレンサ球菌性咽喉炎や猩紅熱を素早く治療して、リウマチ熱の発症を予防することによってのみ予防できます。

僧帽弁狭窄の治療には、利尿薬やジゴキシンを使用します。尿量を増やす利尿薬は、循環する血流量を減らして、肺の血圧を低下させることができます。ジゴキシンは心房細動がみられる場合に有用です。心房細動に対してジゴキシンは、心拍を遅くさせ、血液が狭くなった弁の開口部を通り抜けるための時間を長くします。しかし、心房細動にはさらに治療が必要です(不整脈: 心房細動と心房粗動を参照)。

薬物療法で十分に症状を軽減できない場合、弁の修復あるいは置換が行われます。ときには、バルーン弁形成術と呼ばれる手法を用いて、弁を伸ばして開きます。この手法では、先端にバルーン(小さな風船)のついたカテーテルを静脈から心臓内に徐々に挿入します(心血管系の病気の症状と診断: 心臓カテーテル検査を参照)。弁の中に達したらバルーンをふくらませて、互いに癒着している弁尖をはがします。もう1つの方法として、癒着している弁尖を切り離す心臓手術を行うこともあります。弁があまりにもひどい損傷を受けているときには、人工弁に置換する必要があります。

僧帽弁狭窄のある人が外科的処置、歯科的処置、内科的処置を受ける前には、心臓弁の感染症(感染性心内膜炎)の発症リスクを低くするために、抗生物質を服用します(予防的な抗生物質の投与を必要とする処置を参照)。

ページの先頭へ

前へ: 僧帽弁逸脱

次へ: 大動脈弁逆流

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件