メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

肩の骨折

肩の骨折には鎖骨骨折、肩甲骨骨折、上腕骨骨折があります。外傷によりこれらの骨が連結する関節が損傷することもあります。

鎖骨骨折は自転車やジャングルジムから落下したときなどによく発生します。鎖骨は皮膚のすぐ下にあり、周りにほとんど筋肉がないため、骨折後の腫れや変形は目で見てわかります。鎖骨の内側や中ほどを骨折した場合、両肩を後方に引っぱって骨を正しい位置に保つ装具をつけます。鎖骨の外側を骨折した場合は普通のつり包帯を使います。つった腕をストラップで胴体に固定する場合もあり、夜間などによく使われます。手術が必要になることはまれです。

上腕骨骨折は腕を伸ばしたまま転倒したときなどによく生じます。症状としては、痛みがあり、腕を上げることができなくなります。ほとんどの場合、つり包帯をつけます。骨折面の間がかなり離れてしまった場合は手術を行います。関節の損傷がひどい場合、インプラントを用いることがあります(人工肩関節部分置換術)。

上腕骨骨幹部の骨折は、高速での自動車事故や歩行中に自動車にはねられる、スキーでの転倒、建物からの落下などの強い外力による損傷で発生します。ほとんどの場合、つり包帯や装具を使って治療を行います。

ページの先頭へ

前へ: 脊椎の骨折

次へ: 腕の骨折

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件