メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

撓骨管症候群

撓骨管(とうこつかん)症候群は、腕の後ろ側、前腕、ひじを走っている撓骨神経の分枝が圧迫された状態です。

撓骨神経がひじで圧迫される原因には、外傷、ガングリオン、脂肪腫(非癌性)、骨腫瘍、周囲の滑液包や筋肉の炎症などがあります。

撓骨神経が圧迫された結果、前腕の上部や手の甲に、切られるような、または突き刺すような痛みがあります。手首を伸ばしたり手を広げようとすると痛みます。感覚障害は認められませんが、それは撓骨神経は基本的に筋肉につながっているからです。この病気はバックハンドテニスひじ(上腕骨外側上顆炎(スポーツ障害: 上腕骨外側上顆炎を参照))としばしば混同されます。

撓骨神経への圧迫を取り除き、症状を早く改善するためには、手首を回したり、ひじを曲げるのを避けるべきです。手首の筋力が低下し、手首が下に下がってしまう下垂手が認められた場合は、外科手術で撓骨神経の圧迫を取り除くことが必要となります。

ページの先頭へ

前へ: 肘部管症候群

次へ: キーンベック病

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件