メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

診察

神経疾患が疑われるときは、診察のときに全身を調べますが、評価の焦点は神経系です。神経学的な状況とは、精神状態、脳神経、運動神経と感覚神経、反射、協調運動、姿勢、歩行、自律神経系による体内機能の調節、脳への血流などの評価を含みます。

神経学的症状とは

神経学的症状とは、神経系の一部あるいはすべてに障害が起こったために現れる症状ですが、神経系は全身の機能をコントロールしているため、ありとあらゆる症状が起こりえます。しかし、頭痛などの多くの神経症状が、通常は神経以外の病気によって起きています。神経の病気は、痛みを伴うのが普通です。神経が損傷や圧迫を受けると筋肉の機能不全を起こします。視力を含む感覚の変化が現れることもあります。神経の異常には、睡眠を阻害し、意識レベルに影響を与えるものがあります。神経学的症状には、足のしびれなど比較的軽度な異常から、椎間板ヘルニアや糖尿病などの治療で改善できる病気、そして脳腫瘍などの生命にかかわる病気があります。症状の特徴とパターンに基づいて神経の病気なのか、あるいはそうでないのかが診断されます。比較的多くみられる神経症状は、以下の通りです:

  • 痛み
    • 背中の痛み
    • 首の痛み
    • 頭痛
    • 神経経路に沿った痛み(座骨神経痛や帯状疱疹など)
  • 筋肉の機能障害
    • 筋力低下
    • 振戦
    • 麻痺
    • 不随意運動(チックなど)
    • 歩行の異常
    • ぎこちない動作や協調運動障害
    • 筋けいれん
    • 硬直
    • 緩慢な動作
  • 感覚の変化
    • 眼がかすむ
    • 部分的または完全な失明
    • 難聴
    • ヒリヒリ感やチクチク感
    • 回転性めまい
    • 複視
    • 画像の構成障害
    • 感触、冷たさ、熱さ、痛みなどの感覚消失
    • 位置感覚の消失
  • 睡眠の問題
    • 寝つけない、熟睡できない
    • コントロールできない脚の動き
    • 過眠(ナルコレプシーなど)
  • 意識の変化
    • めまい
    • 失神
    • 解離
    • 錯乱やせん妄
    • 痴呆
    • てんかん発作
    • 昏睡
    • 昏迷
    • 持続的な植物状態

精神状態の検査: 注意力;見当識(時間、場所、人を認識する能力);記憶力;さまざまな知的能力(抽象的に考える、指示に従う、言葉を使う、数学の問題を解くなど)について検査します。これらを評価するには一連の質問に加えて、ものの名前を言う、短いリストの内容を思い出す、文章を書く、図形を書き写すなどの作業課題を行います。患者の回答を記録し、正確に点数化します。また、その人の気分の判定も行います。もしもうつ状態の場合は、医師はそれまでに自殺を考えたことがあるかどうかを尋ねます。

精神状態の検査

被験者が依頼されること

検査が示すもの

現在の日付、今いる場所、特定の人物の名前を言う 時間、場所、人の見当識
短いリストに記されたものの名前を復唱する 注意力
リストに書かれたものの名前を暗記して3〜5分後に言う 即時記憶(直前に覚えたことを思い出せるか)
最近1〜2日間に起きた出来事を述べる 短期記憶
昔の出来事を述べる 遠隔記憶
ことわざの意味を説明する(例:「転石、苔を生ぜず」など)。あるいは、指定されたものの類似点を説明する(例:「脳がコンピューターに似ている理由」など) 抽象的思考
病気についての感想と意見を述べる 病識(自分の病気のことがわかっているか)
最近の大統領の名前を5人までさかのぼって挙げ、州首都の名前を言う 知識の蓄え
検査当日の気分と普段の気分を説明する 気分
簡単な指示に従って、体の3つの部分を使い左右の区別が必要な動作をする(例:「右手の親指で左耳に触れ、舌を出してください」など) 単純な指示通りに動くことができる能力
簡単なものの名前と、体の各部分の名前を言う。短い文章を読んだり、書いたり、復唱する 言語能力
手に握った小さなものの名前をあてる。手のひらに書かれた数字をあてる。さわられた体の部分(1〜2カ所)をあてる 感覚器官から伝えられる情報の脳の処理能力
積み木などで組み立てられた単純および複雑な構造物と同じものを作る。指の位置をまねる。時計、立方体、家などの絵を描く 空間的位置関係を理解できる能力
歯を磨いたり、マッチを箱から取り出し火をつける 作業能力
単純な計算を行う 数学の問題を解く能力

脳神経の検査: 脳に直接つながっている12対の脳神経の機能検査を行います(脳神経機能検査を参照)。どの脳神経の検査を行うかは、疑われる病気により異なります。たとえば第1脳神経(嗅覚の神経)の検査は筋肉の病気が疑われるときには行いませんが、頭部外傷のケースでは行います。脳神経は外傷、腫瘍(しゅよう)、感染などの結果、どの部分も損傷する可能性があります。損傷を受けた部位を正確に特定することが必要です。

運動神経と感覚神経の検査: 運動神経は、脳からの電気信号を脚の筋肉などの随意筋(意図的にコントロールできる筋肉)へ伝えます。筋力低下や麻痺(まひ)がある場合は、運動神経の損傷が考えられます。医師は運動神経が刺激しなくなったことによる筋肉の衰え(萎縮[いしゅく])を探し、それから抵抗力に逆らって患者に押したり引いたりしてもらうことにより、さまざまな筋肉の筋力低下を調べます。

感覚神経は、感触、痛み、熱感、冷感、振動、体の各部の位置、ものの形などの情報を脳に伝えています。異常な感覚または感覚の低下がある場合は、感覚神経の損傷が考えられます。医師は感覚神経を検査することで、脊髄が損傷を受けた場所を正確に突き止めることができます。感覚神経は、デルマトーム(皮膚知覚帯)(デルマトームを参照)と呼ばれる体の表面の特定領域からの情報を、脊髄の特定部分に伝えるからです。そのため、体の表面のある領域の感覚が失われているということは、その領域に神経を通わせている脊髄が損傷を受けていることを示唆しています。

体の表面の感覚が失われていないかを調べる検査では、医師は通常患者がしびれ、うずき、痛みなどを訴える部分を集中的に調べます。まずピンなどを使い、次に(安全ピンの頭などの)とがっていないもので触れ、その感覚の違いがわかるかどうかをチェックします。また、そっと触れられた感覚や、熱や振動が感じられるかも調べます。位置感覚をテストするときは、患者に眼を閉じてもらい、指やつま先を上下に動かして、その位置がわかるかどうかを調べます。

反射検査: 反射は、刺激に対して自動的に起こる反応です。たとえば膝(ひざ)の下にある腱を小さなゴム製のハンマーで軽くたたくと、下肢がびくっと動きます。この反射経路(反射弓)は、脳が関与しない完結した回路です。医師が反射を検査するのは、脊髄に向かう感覚神経、脊髄の神経の接続状態、筋肉へ戻る運動神経がすべて正常に機能しているかを調べるためです。最も一般的な反射検査は、膝の反射と、ひじと足首で同様の反射を診る検査です。

反射弓:脳を介さない経路

反射弓:脳を介さない経路

反射弓とは、神経反射が起こる経路を指します。たとえば膝蓋腱反射(しつがいけんはんしゃ)では以下のようになります。

  1. 膝を軽くたたくと、感覚受容器が刺激されて神経の信号が発生します。
  2. 信号は神経経路に沿って脊髄へ進みます。
  3. 脊髄で、信号は感覚神経から運動神経へ伝導されます。
  4. 運動神経は、受け取った信号を大腿の筋肉へ送り返します。
  5. 筋肉が収縮して、下肢がぴんと上に跳ね上がります。反射全体が、脳とは無関係に起こります。

バビンスキー徴候の検査は、鍵などで足の裏の外側の縁を強くこすって、わずかな不快感を起こす検査です。生後6カ月以下の乳児は別にして、正常なら足指は内向きに曲がります。足指のうち親指だけが立って他の4本が外側に広がるのは、脳または脊髄に異常がある徴候です。

協調運動、姿勢、歩行の検査: 協調運動テストでは、患者は最初に手を伸ばして人さし指で医師の指に触れ、次に自分の鼻に触れ、さらにこの動作を素早く繰り返します。この動作は最初は眼を開いて行い、次に眼を閉じたまま行います。ロンベルク試験では、両足をそろえて静かに直立し、眼を閉じます。次に、片足をもう片方の前に着地させるようにして、まっすぐ歩いてもらいます。これらの動作では、運動神経と感覚神経だけでなく脳の機能も調べるものです。さらに、これ以外の簡単な検査が行われることもあります。

自律神経系の検査: (不随意の)自律神経系は、意識的な努力を必要としない体内の機能を調節しています。自律神経系に異常があると、立ち上がったときに血圧が下がる(起立性低血圧)、汗が出ないまたは汗の量が少ない、勃起不全などの性的異常を引き起こすことがあります。医師は座っているときと立ち上がった後の血圧を測るなど、さまざまな検査をします。

脳への血流検査: 血液を脳に運ぶ動脈が異常に狭くなると、血流が減って脳卒中のリスクが高まります。このリスクは高齢者、高血圧、糖尿病、動脈や心臓の病気などがある人ほど高くなります。動脈の状態を評価する場合、医師は聴診器を首にあてて、血液が血管の狭くなった場所を通るときに生じる独特の雑音が聞こえないかを調べます。動脈の狭窄をより正確に評価するためには、カラードップラー超音波検査、磁気共鳴血管造影検査、脳血管造影などが必要になります。

オーディオ

血流の乱れ

血流の乱れ
ページの先頭へ

前へ: 病歴の聴取

次へ: 診断のための検査

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件