メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

回転性めまい

回転性めまいは、自分の体や周囲が揺れたり回転しているという誤った感覚で、通常は吐き気とバランス喪失を伴います。

回転性めまいは、グルグル回って急に止まると周囲が回転しているように感じる、子供のころの遊びで経験する感覚に似ています。しかし、めまいといわれるものの多くは回転性めまいではありません。

原因

回転性めまいは、体の姿勢を感じ取りバランスの維持を可能にしている半規管を含む、内耳の障害によって起こります。内耳と脳をつなぐ聴神経(第8脳神経)や、バランス感覚をコントロールしている脳幹と小脳の連結部の障害で起こることもあります。

最も多いのは乗り物酔いの結果です。左右の揺れ、急停止や急発進など特定の動きに敏感な内耳をもつ人に起こります。

その他の原因には、内耳の半規管の耳石形成があります。その結果起こる良性発作性頭位変換性めまいは、高齢者に多く、頭の向きを変えたときに起こります。

内耳のもう1つの障害であるメニエール病も、回転性めまいの発作を引き起こします。メニエール病の原因は内耳の腫れに関連していると考えられています。ウイルス感染、外傷、アレルギーで起こるメニエール病もありますが、しばしば原因は不明です。

内耳や神経の接合部を障害して回転性めまいを引き起こす病気には、他にも細菌やウイルス感染(ウイルス性迷路炎、帯状疱疹[たいじょうほうしん]、乳突炎など)、パジェット病、腫瘍(聴神経腫瘍など)、神経の炎症、内耳に障害を起こす薬(アミノグリコシド系抗生物質、アスピリン、化学療法薬のシスプラチン、フロセミドなどの利尿薬)の使用などがあります。

一過性脳虚血発作で、脳幹、小脳、脳の後部へ流れる血液量が減少すると、回転性めまいが起こります。この病気は椎骨脳底動脈循環不全と呼ばれます。これは2本の椎骨動脈が後頭部で合流し、脳底動脈につながっている部分の動脈に障害が起こるものです。頻度は少ないですが、脳幹や小脳を侵して回転性めまいを起こさせる病気に、多発性硬化症、頭蓋骨折、てんかん発作、感染症、脳底付近に発生した腫瘍などがあります。

ときには、頭蓋内圧を突然上昇させる病気が、脳を圧迫して回転性めまいを起こします。これらには、良性頭蓋内圧亢進症、脳腫瘍、頭蓋内出血などがあります。

回転性めまいは、首の神経が損傷した場合も起こります。これらの神経が傷つくと、脳が首と胴体の相対的位置関係をうまく感知できなくなるためです。このタイプの回転性めまいは、頸性めまいと呼ばれており、むち打ち症、頭頂部への鈍器による外傷、重度の首の関節炎(頸椎症)などで起こります。

回転性めまいは、鎮静薬のフェノバルビタール、抗けいれん薬のフェニトイン、抗精神病薬のクロルプロマジンなどの薬でも起こります。大量の飲酒も、一時的な回転性めまいを引き起こします。

症状

回転性めまいの特徴的な症状は、自分の体または周囲の風景、あるいはその両方が回転していると感じる不快な異常感覚で、バランスが失われるために歩くことも車を運転することも困難になります。眼振(眼球が一定の方向に急速に動いてからゆっくりと元の位置に戻る動き)が、回転性めまいの発作中に繰り返し起こります。しばしば吐き気を伴い、ときには実際に吐くこともあります。

回転性めまいは、ほんの数秒間で終わるものも、何時間あるいは何日も続くものもあります。横になっていたり座ってじっとしているだけで気分が良くなることもありますが、まったく動かないでいても回転性めまいは持続しています。

メニエール病の人が回転性めまいの発作に襲われると、雑音が聞こえたり(耳鳴り)、難聴がひどくなったり、障害された方の耳が詰まった感じがするなどの症状が出ます。しばしばひどい吐き気と嘔吐を伴い、発作は数分から数時間続きます。

内耳がウイルスに感染すると(ウイルス性迷路炎)、回転性めまいは突然に始まって数時間のうちに悪化します。吐き気が強く、頭や眼球を動かすと吐いてしまうため、患者は座ったまま動かないでしょう。迷路炎は数日で治まり始めますが、数週間から数カ月続く場合もあります。

椎骨脳底動脈循環不全など脳の障害による回転性めまいは、頭痛、ろれつが回らない(不明瞭発語)、ものが二重に見える(複視)、腕や脚の筋力低下、ギクシャクとした動き、失神などを伴います。

突然の頭蓋内圧の上昇によって起こる回転性めまいでは、一時的に視野がぼやけたり、歩くときにふらつくなどの症状が現れます。

頸性めまいは、頭を回転したり、特にあごを肩に向けて動かしたときに起こり、首の動く範囲が制限されます。

診断

医師は、まず発作が起きたときの状況と性質を患者から聞き取り、バランスと聴覚の検査をします。

眼振などの異常な動きがないか眼を調べます。眼の異常な動きは、内耳または脳幹と神経接合部の異常を示唆しています。眼がどちらの方向に動くかが診断に役立つため、医師はわざと眼振を誘発させます。眼振を誘発する前に、まず患者にフレンツェル眼鏡と呼ばれる分厚い拡大鏡をかけてもらいます。医師はレンズを通して患者の眼が拡大され見やすくなりますが、患者の方は眼がかすんで1カ所をじっと見ていることができません。動かないものに視線を固定させると、眼振は起こりません。これらの操作の間、左右の眼の回りに電極(皮膚に貼る小さな円いセンサー)を取りつけて眼球の動きを記録します。この検査を電気眼振検査といいます。

眼振を誘発する方法には、冷たい水を外耳道に入れる(温度眼振試験)、20秒間急激に頭を左右に揺り動かす、あるいはディックス‐ホールパイク法にしたがって頭の位置を急激に変化させるなどがあります。ディックス‐ホールパイク法は診断に利用されますが、頭の動かし方は、良性発作性頭位変換性めまいの治療に利用されるエプリー法と似ています(回転性めまいの治し方を参照)。ディックス‐ホールパイク法では頭をそれほど回転させません。

頸性めまいが疑われるときは、患者にフレンツェル眼鏡をかけて回転いすに座ってもらいます。医師が患者の頭を支え、患者にいすを左右に回してもらいます。その結果、眼振と回転性めまいが起これば頸性めまいと診断されます。

頭部のCT検査またはMRI検査によって、回転性めまいの原因である病気を見つけることができます。CT検査は、耳の後ろにある骨の感染(乳突炎)、頭蓋底骨折、腫瘍による骨の浸潤、パジェット病で起こるような異常骨形成など、骨の異常を見つけることができます。脳幹と脳神経は、MRI検査の方が優れた画像が得られます。耳の感染が疑われる場合は、注射器か綿棒で耳から膿や液体の標本を取ります。多発性硬化症あるいは脳の感染症が疑われる場合には、脊椎穿刺(腰椎穿刺)を行って、脳脊髄液のサンプルを採取します。脳の血流不足が考えられる場合には、脳の血管造影、磁気共鳴血管造影(MRA)、ドップラー超音波検査を行います。

予防と治療

特定の原因による回転性めまいは、予防が可能です。たとえば乗り物酔いが原因の場合は、揺れるボートに乗るなどの状況を避けることができ、動かないものに視線を固定させると、発作を回避するのに役立ちます。スコポラミンは、回転性めまいの治療と予防に役立ちます。

回転性めまいとそれに伴う吐き気を和らげる薬には、シクリジン、ジメンヒドリナート、ジフェンヒドラミン、ヒドロキシジン、メクリジン、プロメタジンなどがあります。これらは経口薬です。スコポラミンは、皮膚のパッチ剤を耳の後ろに貼って使うこともできます。効果は数日間持続し、吐き気があるときにはパッチ剤の方が好んで使われます。これらの薬はすべて抗ヒスタミン薬(市販薬: 抗ヒスタミン薬を参照)のため、眠くなったり口が渇くなどの副作用があり、特に高齢者で起こりやすくなります。スコポラミンのパッチ剤は最も副作用が起こりにくい傾向にある薬です。これらの薬は、乳幼児に使用すると興奮することがあるので、医師の指示なしに投与すべきではありません。

回転性めまいの治し方

頭の位置を急に変えたときに、回転性めまいが起こることがあります。このめまいは良性発作性頭位変換性めまいと呼ばれます。これは半規管のどれかの中で、カルシウム粒子がかたまりをつくることにより起こります。この病気はしばしば、エプリー法という簡単な操作で治ります。エプリー法では、めまいのある人を横に寝かせ、その頭を数回素早く回転させます。頭は、回転させた位置でそれぞれ約20〜30秒間動かさないようにします。素早い回転によって固まっていたカルシウム粒子がバラバラになり、重力に従って各半規管内に元通りに分散されます。

回転性めまいの治し方

患者がほとんど床を向くように、頭をさらに回転させます。座った姿勢に戻り、少なくとも24時間は体を半分起こした姿勢を保ちます。

座った姿勢から素早く体を横にし、頭をテーブルの端から垂れ下がるようにして、異常が起きている方の耳側へ頭を45度回転させます。重力によって、半規管の粒子が移動します。

さらにもう45度傾け、耳が床と水平になるようにします。

頭を素早く、反対側に、同じ角度に傾けます。

重症の回転性めまいで不安感が強いときには鎮静薬が必要です。ジアゼパムなどのベンゾジアゼピン系の薬が最も多く使われます。高齢者には、作用時間の短いベンゾジアゼピン系のアルプラゾラムとロラゼパムが好んで使われます。

頸性めまいが原因の場合は、シクロベンザプリンなどの筋弛緩薬を経口投与することがあります。首に1日に数時間柔らかいサポート用カラーを巻いたり、理学療法を行うと、首の可動域を改善します。ウイルス性の迷路炎が原因の場合は、ベンゾジアゼピン系などの鎮静薬と、回転性めまい、吐き気、嘔吐を抑える薬(メクリジン、プロクロルペラジン、プロメタジンなどの)が使用されます。メニエール病の人にときどきみられるように、回転性めまいが生活の障害になるときは、手術が勧められる場合もあります。

ページの先頭へ

前へ: はじめに

次へ: 乗り物酔い

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件