メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

慢性髄膜炎

慢性髄膜炎は、髄膜の炎症が1カ月以上続く髄膜炎です。

慢性髄膜炎は、エイズ患者、化学療法を受けている癌(がん)患者、ステロイドのプレドニゾロンを長期使用している人など、免疫系が損なわれている人がかかります。しかし、結核やライム病などの感染症にかかると、免疫系が十分に機能している人でも慢性髄膜炎を起こすことがあります。

急性髄膜炎と慢性髄膜炎の区別は常に明確なわけではなく、亜急性髄膜炎として分類されることもあります。

原因

ある種の感染性微生物は、脳や髄膜に侵入して何週間、何カ月、何年もかかってゆっくりと増殖していきます。このような微生物には、クリプトコッカス属の真菌(エイズ患者など免疫系が衰えている人)や、結核、梅毒、ライム病を引き起こす細菌などがあります。急性細菌性髄膜炎が部分的にしか治癒せず、抗生物質で菌が除去されなかった場合は慢性髄膜炎に移行します。

サルコイドーシスやある種の癌(白血病、リンパ腫、脳腫瘍、癌の脳転移など)など、非感染性疾患でも髄膜に侵入して髄膜を刺激し慢性髄膜炎を引き起こすものがあります。脳脊髄液に直接注入される化学療法薬(メトトレキサートなど)、臓器移植に使用される薬(シクロスポリンやOKT3など)、さらに非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンなどのNSAIDs)(痛み: 非ステロイド性抗炎症薬を参照)でさえ、髄膜に炎症を起こして慢性髄膜炎をもたらすことがあります。

髄膜炎の原因となる感染症

  • 細菌感染症
    • ブルセラ症
    • ネコひっかき病
    • 脳のホウィップル病
    • 大腸菌感染
    • クレブシエラ属の細菌感染
    • リステリア菌感染
    • 髄膜炎菌感染
    • 肺炎球菌感染
    • レプトスピラ症
    • リステリア属の感染
    • ライム病
    • 性病性リンパ肉芽腫
    • マイコプラズマ肺炎感染
    • 結核
    • 梅毒
  • ウイルス感染症
    • エイズ
    • 水ぼうそう(水痘)
    • コクサッキーウイルス感染
    • サイトメガロウイルス感染
    • 東部および西部ウマ脳炎
    • エコーウイルス感染
    • ヘルペス
    • 伝染性単核球症
    • リンパ球性脈絡髄膜炎
    • おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
    • ポリオ
    • セントルイス脳炎
  • 免疫反応による髄膜炎を起こすウイルス感染
    • 水ぼうそう
    • はしか(麻疹)
    • 風疹
  • その他の感染症
    • アメーバ症
    • コクシジオイデス症
    • 共尾虫症
    • クリプトコッカス症
    • 嚢虫症
    • エキノコックス症
    • マラリア
    • リケッチア症
    • 住血吸虫症
    • トキソプラズマ症
    • 旋毛虫症

非感染性の髄膜炎の原因

  • 脳の病気
    • 脳の癌
    • 白血病
    • リンパ腫
    • 多発性硬化症
    • サルコイドーシス
    • 脳卒中

    • アザチオプリン
    • カルバマゼピン
    • シクロスポリンやOKT3などの免疫抑制薬
    • イブプロフェンやナプロキセンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
    • トリメトプリム‐スルファメトキサゾール配合剤
  • 中毒
    • 鉛中毒
  • 脊柱へ注入された物質への反応
    • 抗生物質
    • 化学療法薬
    • 画像診断に使用される造影剤
  • ワクチンへの反応
    • 百日ぜきワクチン
    • 狂犬病ワクチン

症状と診断

慢性髄膜炎の症状は急性細菌性髄膜炎の症状と似ていますが、症状の現れ方がより遅く何週間もかけて徐々に現れてきます。熱は、急性細菌性髄膜炎ほど重症になりません。一般的な症状は、頭痛、錯乱、背中の痛みです。他に脱力、チクチクする感覚、しびれ、顔面麻痺が多くみられ、これらは脳神経や末梢神経への影響を示唆しています。

脊椎穿刺による脳脊髄液の検査に続いて、頭部のCT検査やMRI検査が行われます。細菌感染による慢性髄膜炎の場合、脳脊髄液中の白血球数が正常よりも多くなりますが、急性細菌性髄膜炎ほどではありません。白血球の種類は好中球(白血球の病気: はじめにを参照)よりもリンパ球がみられます。慢性髄膜炎の原因菌の中には、真菌のクリプトコッカスのように顕微鏡で容易に発見できるものもありますが、多くは結核菌のように顕微鏡では見えません。

脳脊髄液は必ず培養され、あらゆる微生物が同定されます。ただし培養には数週間を要します。結核や梅毒を起こす細菌、一部の真菌やウイルスを調べるために脳脊髄液が分析されます。たとえば結核菌の確認には、DNAに自己複製させるPCR法(ポリメラーゼ連鎖反応)が用いられます。こうした分析の方が、培養よりも早く結果が得られます。

治療

サルコイドーシスによる慢性髄膜炎は非感染性で、通常はプレドニゾロンなどのステロイドで数週間治療します。癌による慢性髄膜炎は、化学療法、放射線療法、あるいはその両方で治療します。化学療法では、オンマヤリザーバーと呼ばれる装置を通して薬が直接脳脊髄液に注入されます。この装置は頭皮の下に埋めこまれ、細いチューブを通して脳の周囲へ数日から数週間かけて薬がゆっくりと注入されます。

感染性の慢性髄膜炎の治療は、微生物によって異なります。真菌性の慢性髄膜炎は抗真菌薬の静脈投与で治療され、アムホテリシンB、フルシトシン、フルコナゾールが最も多く使用されます。感染が特に治りにくいときには、脊椎穿刺を繰り返し行うか、あるいはオンマヤリザーバーを通してアムホテリシンBが直接脳脊髄液に注入されます。慢性髄膜炎の原因が真菌のクリプトコッカスである場合は、アムホテリシンBとフルシトシンが併用されます。

ページの先頭へ

前へ: 急性細菌性髄膜炎

次へ: ウイルス感染

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件