メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

致死性家族性不眠

致死性家族性不眠はプリオン病の1種で、睡眠障害をもたらして精神機能を悪化させます。

致死性家族性不眠は、細胞性プリオンタンパク遺伝子の突然変異によって起こる遺伝病です。一方、突然変異によらずに自然発生的に起こるタイプもあり、散発性致死性不眠と呼ばれています。致死性家族性不眠と散発性致死性不眠は、他のプリオン病と異なり、主に脳の特定の領域、すなわち視床を障害して睡眠障害を引き起こします。

大半が40〜60歳にかけて発病しますが、一部は30代後半で発症し、同じ家族に多発します。初期症状は、軽い入眠障害、散発的に起こる筋肉の運動障害で、最終的には不眠に陥ります。他にも、筋肉のふるえ、心拍数の増加、痴呆などが現れて、約7〜36カ月後に死亡します。有効な治療法はありません。

ページの先頭へ

前へ: クロイツフェルト‐ヤコブ病

次へ: ゲルストマン‐シュトロイスラー‐シャインカー病

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件