メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

片側顔面けいれん

片側顔面けいれんは、顔の片側に起こる不随意な収縮を指します。

片側顔面けいれんは男女ともに起こりますが、最も多いのは中年から高齢の女性です。けいれんは動脈の位置異常や、脳幹からの出口に位置する第7脳神経が動脈の屈曲部に圧迫されて起こります。顔の片側の筋肉が不随意に収縮し、通常はまぶたから始まってほおや口へ波及します。収縮は初期には断続的ですが、やがてほぼ持続するようになります。本質的に痛みはありませんが、けいれんに当惑させられます。

診断は、けいれんの症状を眼で確認して行われます。MRI検査で動脈の異常を発見するのはまれですが、腫瘍を除外するために実施すべきです。

ボツリヌス毒素が治療薬として選択されます。これを侵されている筋肉に注射します。この治療がうまくいかないときは、神経と異常な動脈を分離して両者の間に小さなスポンジを埋めこむ手術が行われます。

ページの先頭へ

前へ: ベル麻痺

次へ: 舌咽神経痛

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件