メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

ヘルペス性口内炎

単純ヘルペスウイルスが口に感染することによって、口唇ヘルペスと呼ばれる潰瘍が繰り返し発生し皮膚、唇、口の中に、小さな水疱が1個あるいはたくさん集まって発生する病気です。

単純ヘルペスウイルスへの初感染によって現れる潰瘍は、初感染ヘルペスと呼ばれ、小児期にかかります。初感染ヘルペスは軽症でも重症でも口の広い範囲にできることが多く、歯肉には必ず発生します。その後にできる潰瘍はすべて再感染ヘルペスと呼ばれます。再感染ヘルペスは、新たな感染ではなく、単純ヘルペスウイルスの再活性化(再燃)によって起こります。単純ヘルペスウイルスには1型と2型の、少なくとも2つのタイプがあります。以前は、単純ヘルペスウイルス1型は腰より上に、2型は腰より下に潰瘍(性器ヘルペス(ウイルスによる感染症: 単純ヘルペスウイルス感染症を参照))が発生すると考えられていましたが、現在では両型とも体の至る所に発生することがわかっています。単純ヘルペスウイルス2型にかかると、1型よりも重症になる傾向があります。

単純ヘルペスウイルスに感染したことがない小児は、口唇ヘルペスを発症している成人との接触によってこのウイルスに感染します。まれに、成人後に口唇ヘルペスのある人との接触により、初めて単純ヘルペスウイルスに感染する人もいます。

感染すると、潰瘍が発生する前にチクチクと刺すような痛みを感じます。この前駆症状が現れたときから潰瘍が完全にかさぶたになるときまでは、感染者を介して感染が拡大する可能性(接触感染性)があります。感染者が使用したコップで飲んだり、感染者が触れたものを触ったりすると感染するかどうかについては、わかっていません。

症状

小児期に初感染ヘルペスにかかると、歯肉の炎症と、触ると痛い接触痛が口の広い範囲に起こり、発熱、頸部リンパ節の腫れ、全身の不快感が現れます。小児はむずかって泣き続けますが、症状が軽いために親は病気に気づかないことがよくあり、歯の生えはじめのせいか、あるいは別の原因で泣いていると思いがちです。重症の場合は、小児の口の中に小さな水疱が発生しますが、これらの水疱は1〜2日で破裂して潰瘍になるため、親が気づかないことが少なくありません。潰瘍は口の中のどこにでも発生しますが、歯肉には必ずできます。小児は1週間〜10日で回復しますが、単純ヘルペスウイルスはそのまま体内に残ります。

成人になってから初感染ヘルペスを発症すると小児がかかるよりも重症になり、歯肉などの口のさまざまな部分に痛みを伴う複数の潰瘍が急速に現れます。

写真

単純ヘルペス

単純ヘルペス

初感染ヘルペスでは、触ると痛い接触痛が口の広い範囲に起こりますが、再感染ヘルペスでは、ヘルペスウイルスの再活性化により唇の外側に1カ所、赤くただれ、じくじくする、皮膚潰瘍ができます。この潰瘍は、かさぶたになって2〜3週間以内に治癒します。この潰瘍は口唇ヘルペス、あるいは熱性疱疹と呼ばれることもあります。口の天井にあたる口蓋に水疱(小水疱)がたくさん集まってできることもあります。これらの小水疱はくっつき合ってすぐに壊れ潰瘍になります。しかし、かさぶたはできません。

再感染を誘発する原因には唇の日焼け、ある種の食品、不安、かぜ、発熱などの感染に対する体の抵抗力を弱めるような状況があります。歯科治療が再感染を誘発することがあるので、すでに口唇ヘルペスが発生している場合は、潰瘍が治るまで歯科治療を延期します。

単純ヘルペスウイルス感染の再燃では、ほとんどの人は痛みに悩む程度ですが、免疫システムに障害がある人では命にかかわる病気になります。免疫システムの障害は、エイズなどの病気、化学療法、放射線療法、骨髄移植などによって起こります。こうした人では、口に大きな、なかなか消えない潰瘍ができて食事の妨げになります。さらにウイルスが脳に及ぶと死に至ることもあります。

治療

初感染ヘルペスの治療は、気持ちよく眠れて食事が取れるように、痛みを軽減させる対症療法が中心となります。小児の場合、痛みのために食べたり飲んだりすることができないだけでなく、発熱すると急速に脱水が起こるので水分をできるだけ多く飲ませます。成人や年長の小児の場合は、痛みを軽減するためにリドカインなどの麻酔薬を含むうがい薬が使用されます。重曹を含むうがい薬には、刺激を和らげる効果もあります。

再燃ヘルペスの治療は、潰瘍が現れるより前の、痛みの前駆症状が起きはじめたときにただちに開始すれば、最も良い効果が得られます。前駆症状が現れている期間にビタミンCを1日あたり1000〜2000ミリグラム摂取すると、痛みがかなり和らぎます。さらに抗ウイルス薬の外用クリームやアンレキサノクス軟膏を患部に塗ると前駆症状が早く治まり、痛みが抑えられます。ただし、ウイルス自体を死滅させることはできません。

再燃の予防対策として、つばの広い帽子をかぶったり、日焼け止めリップクリームを塗ったりして、唇を直射日光から守るようにします。再燃の誘発原因となる行動や食べものは避けます。頻繁に重症の再燃を繰り返す場合は、健康食品店で販売されているアミノ酸のリジンを継続使用するとよいことがあります。また、医師が処方するレバミゾールには、再燃を抑制する効果があるようです。

重症の単純ヘルペス感染や免疫システムの障害がある人には、重症化を最小限に防ぐためにアシクロビルなどの薬が使用されます。ステロイド薬は、感染を拡大させるおそれがあるため、単純ヘルペス感染症には使用されません。

ページの先頭へ

前へ: アフタ性口内炎

次へ: その他の口内炎

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件