メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

前癌病変

口の中に白い変色部分、赤い変色部分、あるいは赤白入り混じった変色部分が現れて、こすってもなかなか消えず、2週間以上も消えずに原因がわからない場合は前癌病変かもしれません。これらの変色個所は、治療しなければ癌化する可能性があります。前癌病変であれば、悪性腫瘍と同じリスクがあり、切除しなければ癌化することがあります。

白板症は表面が平坦な白色の病変で、湿った口の内側粘膜が長期間刺激を受け続けると発生します。病変部の白い変色は、ケラチンの厚い層によるものです。ケラチンは皮膚の最も外側を覆っている物質で、正常な口の粘膜にはさほど多くは存在しません。

写真

白斑症

白斑症

紅板症は赤く変色した病変で、口内の粘膜が薄くなると発生します。赤く見えるのは、下にある毛細血管の色のためです。紅板症は、白板症よりもはるかに高い確率で癌化します。

ページの先頭へ

前へ: 良性腫瘍

次へ: 悪性腫瘍

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件