メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

不正咬合

不正咬合(ふせいこうごう)とは、歯並びが良くないために上下の歯が正常にかみ合わない状態を指します。

咬合とは、歯並びと上下の歯のかみ合わせの状態を指します。理想的なかみ合わせは、上あごの歯が下あごの歯にわずかに重なる状態です。正常なかみ合わせでは、ものをかんでも歯にかかる圧が多くの歯にうまく分散され、また歯(咀嚼面)が唇、ほお、舌に触れることもありません。ところが、歯の位置がずれて上下の歯が正常にかみ合わないと、かむときに数本の歯だけに過度の圧がかかるため、歯が折れたり欠けたり、ぐらついたりする原因になります。

原因

不正咬合の原因の多くは、あごと歯、あるいは上下のあごの大きさのアンバランスです。その結果、歯が互いに押し合う状態になり、かみ合わせが異常になります。もう1つの原因として、1本以上の歯が失われると、失われた歯のあとのスペースに周りの歯が移動してくることがよくあり、そのために歯並びが悪くなります。その他の不正咬合の原因には、顎骨骨折、4歳以降にも続く指しゃぶり、口やあごの腫瘍、クラウン、充てん物、入れ歯の支台装置、歯列矯正用のブレースの装着不良などがあります。また遺伝性の原因によっても起こります。

症状と診断

不正咬合は、初期にはまったく症状が現れません。しかし、歯並びの悪い歯には過度の負担がかかるために、時とともにぐらつきや欠け、折れなどが生じることがあります。重症の不正咬合では食べものをうまくかみ砕けなかったり、痛みが起きたり、言葉がうまく発音できなかったりします。また歯並びが悪いと歯磨きが十分に行えないために、歯周病やむし歯ができやすくなります。不正咬合は、歯科健診で診断されます。

予防と治療

抜歯などによって1本以上の歯を失ったときには、残った歯の移動を防ぐためにブレースなどの歯列矯正装置が歯に装着されます。歯並びが正常に矯正されブレースが歯から取り外された後も、歯の位置が後戻りしないように、2〜3年間は夜間だけリテーナーと呼ばれる保定装置を装着します。

不正咬合の矯正方法は、数多くあります。歯を正常なかみ合わせに直すために、ブレースなどの矯正装置を歯に装着して歯に弱い力を持続的に加えます。ブレースとは、歯面に歯科用接着剤で取りつけたブラケット(留め金)にワイヤとスプリングを通して歯に連結した歯列矯正器です。あるいはリテーナーが使用されます。これはワイヤとプラスチック製プレートを組み合わせた取り外し可能なブレースで、口蓋にパチッとはめます。軽度な不正咬合の矯正には、口の外からはほとんど見えない矯正装置が使用されます。矯正装置で十分な効果が得られない場合は、あごの手術が必要になります。その他にも、矯正のために必要な歯を選んで削ったり、クラウンなどの修復物を使って高さを調節する方法があります。

ページの先頭へ

前へ: 埋伏歯

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件