メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

歯科治療後に起こる歯のトラブル

歯科治療の後、特に抜歯や歯周病治療などの外科処置が行われた後などには、よく歯ぐきが腫れますが、その場合、氷のう(アイスパック)をほおにあてて冷やすと腫れが退いていきます。この冷却法を、治療後18時間の間、数時間ごとに繰り返します。氷のうは、ほおに25分間あてて5分間外します。手術から3日たっても腫れがひかなかったり、痛みが強かったりする場合は、感染の可能性があるので歯科医師の診察を受ける必要があります。

ドライソケット(抜歯後歯槽骨炎)と呼ばれる状態、つまり下あごの後歯を抜いた後に抜歯後の穴に骨が露出してなかなかきず口がふさがらないことがあります。抜歯の2〜3日後の不快感が薄れてきたころに突然悪化し、しばしば耳の痛みを伴います。1週間〜数週間で自然に症状は治まりますが、痛みを取り除くために抜歯窩に麻酔薬が詰められます。この薬は、約1週間の間、毎日あるいは1日おきに取り替えられます。

口腔外科手術後は、出血がよく起こります。出血は、手術後1時間ほど患部にガーゼをあててじっとかんでいると止まります。口の中の出血は、少量の血液でも唾液と混ざり合うと実際よりも重症にみえることがあります。出血が止まらない場合は、患部をきれいにふき取った後、ガーゼまたはぬらしたティーバッグをあてて均等な力でかんで押さえます。出血が2〜3時間以上続く場合は、歯科医師による診察が必要です。

血を固まりにくくする抗凝固薬やアスピリンなどの出血しやすくなる作用のある薬を服用している人は、手術の1週間前までに歯科医師に伝えて、薬の量を調整するか、あるいは一時的に服用を中止する必要があります。

ページの先頭へ

前へ: 顎関節脱臼

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件