メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

ウェルシュ菌食中毒

ウェルシュ菌食中毒は、ウェルシュ菌に汚染された食べものを摂取することによって起こります。小腸に到達したウェルシュ菌はそこで毒素を産生し、この毒素のために下痢が起こります。

ウェルシュ菌の菌株によっては、症状が軽度から中等度ですみ、特に治療しなくても回復します。しかし、重度の胃腸炎を起こして小腸に損傷を与え、ときには死亡の原因となるような菌株もあります。ウェルシュ菌食中毒の集団発生は、汚染された肉類が原因で起こります。ウェルシュ菌の中には、十分に加熱調理しても死滅しない菌株があります。

症状、診断、治療

ウェルシュ菌食中毒による胃腸炎は軽度ですが、腹痛、ガスによる腹部の膨張、重度の下痢、脱水、極度の血圧低下(ショック症状)が起こることもあります。地域的な食中毒の発生があった場合には、原因としてウェルシュ菌食中毒が疑われます。汚染された食品を分析してウェルシュ菌が確認されると診断が確定します。患者は水分を補給し安静を保つように指示されます。

ページの先頭へ

前へ: ブドウ球菌食中毒

次へ: 旅行者下痢症

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件