メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

経路変更後の大腸炎

経路変更後の大腸炎は、大腸下部に起こる炎症で、手術でつなぎ直した腸管の上の部分を便が通過した後に起こります。

回腸造瘻術(小腸最後部と腹壁の開口部との間を連結する手術)や結腸造瘻術(大腸と腹壁の間に開口部をつくる手術)という手術を受ける場合があります。これは、癌、潰瘍性大腸炎、憩室炎などを治療する場合や、外傷による小腸の損傷を治療する場合に行う手術です。多くの患者では、大腸のバイパス形成が一時的に必要な場合は特に、大腸全体または便の流れが迂回するポイントより後方の大腸をそのまま残しておきます。

経路変更後の大腸炎は、回腸造瘻術や結腸造瘻術の後で、大腸全体または一部を残した人の約3分の1に起こる疾患で、直腸から粘液が流れ出たり、直腸の出血、疼痛などの症状が術後1年以内に起こります。症状が軽いので、患者の多くは治療する必要がありません。切断された腸を再接合する手術で正常な便の流れを回復すると、炎症や症状は治まります。

ページの先頭へ

前へ: コラーゲン性大腸炎とリンパ球性大腸炎

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件