メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

裂肛

裂肛は切れ痔とも呼ばれ、肛門の粘膜に生じた裂傷または潰瘍(かいよう)です。

裂肛は、排便時の便が硬かったり大きかったりしたために、肛門の上皮が傷つくことによって生じます。まれに肛門性交によって肛門の粘膜が裂ける場合もあります。肛門に裂傷ができると肛門括約筋がけいれんして、治癒を妨げることがあります。

肛門の裂傷は、排便中やその直後の痛みの原因ともなります。その痛みは数分から数時間続き、次の排便までには治まります。診断は肛門の視診で行われます。

治療

便軟化剤やオオバコ種子などを服用して便を軟らかくすると、下部直腸が潤滑になり排便時の損傷が軽減されます。潤滑性座薬も有効です。排便後10〜15分温座浴をすると不快感がなくなり、血行も良くなり治りやすくなります。

現在、有望な治療法として、ボツリヌス菌の毒素を肛門括約筋に注射したり、またニトログリセリン軟膏やカルシウム拮抗薬を裂肛部に塗って、けいれんを抑え治癒を促進する方法が開発されています。

これらの治療でも効果がなければ手術が必要になります。肛門括約筋のけいれんには、内括約筋を伸展(拡張)させたり、括約筋の一部を切開します(肛門内括約筋切開術)。

ページの先頭へ

前へ: 痔核

次へ: 肛門直腸膿瘍

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件