メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

痔瘻

痔瘻(じろう)は、肛門や直腸から肛門付近の皮膚へと至る異常な連絡路のことをいい、ときには腟などの他の臓器に通じることもあります。

ほとんどの痔瘻は、肛門や直腸の壁の深部にある腺から始まります。肛門直腸膿瘍の排膿後に痔瘻ができることがありますが、多くは原因を特定できません。痔瘻はクローン病や結核の人の肛門部病変の1つとしてよくみられます。また憩室炎や癌(がん)患者、肛門や直腸の外傷を患った人にもみられます。乳児の痔瘻は通常生まれつきのもので、女児よりも男児に多くみられます。直腸と腟がつながった痔瘻は放射線療法や、癌、クローン病、あるいは出産時に母親が受けた損傷などが原因で起こります。

症状と診断

痔瘻は痛みを伴い、たまった膿が外へ流れ出すことがあります。視診で通常、1つまたは複数の痔瘻の開口部が見つかるか、あるいは触診で皮下の痔瘻が見つかります。どちらの場合もプローブを挿入して痔瘻の深さと方向を確認します。肛門鏡とプローブによる検査で、内部の開口部を見つけ、さらにもっと奧までみえるS状結腸鏡検査によって、瘻孔の原因が癌やクローン病なのか、あるいはその他の病気によるものなのか鑑別診断します。

治療

唯一の有効な治療法は、手術で痔瘻を切除することです(痔瘻切除術)。手術中、肛門括約筋の一部を切ってしまうことがありますが、切りすぎると、排便のコントロールが難しくなります。下痢やクローン病のある患者は、術後の傷が治癒するまでに時間がかかるので、手術は通常行われません。

ページの先頭へ

前へ: 肛門直腸膿瘍

次へ: 直腸炎

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件