メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

膵臓癌

膵臓癌のおよそ95%が腺癌です。腺癌は通常、膵液を運ぶ膵管を構成する細胞に発生します。そのほとんどが膵頭部に発生します。ここは小腸(十二指腸)に最も近い部分です。

米国では膵臓の腺癌の発症は増加傾向にあり、年間約10万人に10人の割合で発症しています。腺癌は50歳未満の人に発症することはあまりなく、発症の平均年齢は55歳です。女性よりも男性が2倍近く多く発症し、白人よりも黒人がわずかに多く発症しています。ヘビースモーカーは喫煙しない人と比べて2〜3倍近く多く発症しています。慢性膵炎の人も、膵臓癌を発症するリスクが高くなります。

まれなタイプの膵臓癌

膵臓嚢胞腺腫はまれな膵臓癌で、嚢胞腺腫と呼ばれる液体成分を含んだ良性腫瘍から発生します。症状としては上腹部痛があり、腫瘍が大きくなると触診で触れることができます。膵臓の超音波検査とCT検査で診断します。手術をする前に転移している症例はわずか20%です。このため嚢胞腺腫の経過の見通し(予後)は腺癌と比べて良好です。癌の転移がなく膵臓を全摘出すれば、5年生存率は65%です。

膵管内腫瘍は最近知られるようになった膵臓の腫瘍で、主膵管の拡張、粘液の過剰産生、慢性的な痛みが特徴です。この症例の30%以上が悪性ですが、膵管内腫瘍の発生と癌化するプロセスはわかっていません。検査では良性と悪性の区別がつかないため、この腫瘍が疑われる場合は、腫瘍の摘出手術を行うのが最良の診断法であり治療法です。

症状と合併症

膵頭部には胆汁(肝臓でつくられた消化液)が流れる総胆管があるため、そこに癌があると胆汁の小腸への流れが妨げられ(膵臓の位置を参照、胆嚢の病気: 胆管の腫瘍を参照)、その結果、初期症状として黄疸(皮膚や白眼の黄変)が出現します。黄疸が出ると全身がかゆくなります。これは胆汁中の塩分の結晶が皮下に沈着するためです。膵頭部の癌が胃内容物の小腸への流れを妨げたり、癌によって小腸が閉塞を起こしていると、嘔吐が起こることがあります。

膵体部や膵尾部(膵臓の中央部と十二指腸から遠い部分)の腺癌は、癌が大きくなるまでは特に症状はありません。このため診断がついた時点では90%がすでに膵臓以外の器官へ転移しています。転移しやすい部位はリンパ節、肝臓、肺です。膵臓癌の典型的な症状は痛みと体重減少です。診断時には90%の人が腹痛、特に上腹部から背中に突き抜けるような激痛を訴え、体重減少も顕著です。

膵体部や膵尾部に腺癌があると、脾臓(血液細胞を生成、監視、貯蔵、破壊する臓器)へ流れる静脈が狭くなるので、脾臓が大きくなります(脾腫)。狭窄が続くと食道や胃の周囲の静脈も腫れて蛇行し(静脈瘤)、食道静脈瘤ができます。特に食道静脈瘤が破裂すると食道から大出血を起こします。

診断

膵体部と膵尾部にできた腺癌は、早期に診断することは容易ではありません。これらの癌では末期にならなければ症状が現れないことや、診察や血液検査では正常である場合が多いためです。膵臓の腺癌が疑われれば確定診断をするためにCT検査をします。そのほかにも超音波検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(肝臓と胆嚢の検査: 画像診断を参照、胆管の検査に使われる画像診断を参照)、MRI検査などが行われます。

確定診断では、CTや超音波で癌の位置を確認しながら、皮膚から針を刺して膵臓の組織サンプルを採取しこれを顕微鏡で調べます(生検)。しかしこの方法は、針の傷跡から癌細胞がほかへ広がる危険があります。膵臓へ転移した肝臓癌を探す場合にも、同じ方法が用いられます。これらの検査結果が正常でも、腺癌が強く疑われる場合は、試験開腹で膵臓を検査します。

経過の見通しと治療

膵臓の腺癌は、病気が発見されたときはすでに転移していることが多いため、経過の見通し(予後)は良くありません。5年生存率は2%未満です。完治が期待できる唯一の方法が手術ですが、手術の適応は癌が転移していないと思われる人のおよそ10%です。手術は膵臓のみまたは膵臓と十二指腸を切除します。手術した場合でも5年生存率はわずか15〜20%です。術後の化学療法と放射線療法の併用による延命効果は期待できず、生存率も向上しません。

軽度の痛みにはアスピリンやアセトアミノフェンを服用すると治まりますが、ほとんどの場合は経口コデインやモルヒネといった強力な鎮痛薬が必要となります。重度の疼痛患者の70〜80%には、疼痛感覚を遮断するため鎮痛薬の神経への注射が行われています。膵臓の消化酵素の不足には経口酵素製剤が投与されます。糖尿病を発症した場合には、インスリン治療が必要になります。

胆汁の流れが悪い場合は、肝臓や胆嚢から胆管にチューブ(ステント)を留置すると、一時的に胆汁の流れが改善されます。しかしやがて胆管に入ったステントの上下の流れが癌によって妨げられます。別の方法として、手術でバイパスを形成することもあります。たとえば小腸が詰まった場合は、胃と狭窄部より下部の小腸をつないでバイパスを設けます。

膵臓の腺癌は命にかかわる場合が多いため、患者と家族は主治医や医療・看護スタッフと終末期のケアについてよく話し合っておく必要があります(死と終末期: はじめにを参照)。

ページの先頭へ

前へ: 肛門癌

次へ: その他の膵臓腫瘍

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件