メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

ビタミンB6

ビタミンB6(ピリドキシン)は、アミノ酸と脂肪酸の代謝、正常な神経機能、赤血球の形成に必要不可欠です。皮膚を健康に保つのにも役立ちます。

ビタミンB6欠乏症

ビタミンB6欠乏症は、摂取不足や、体内に蓄えられたビタミンB6を消費してしまう薬の使用が原因で起こります。これらの薬には、抗生物質のイソニアジド、降圧薬のヒドララジン、関節リウマチやウィルソン病のような疾患の治療に使われるペニシラミンがあります。

ビタミンB6欠乏症は、乳児のけいれん発作を引き起こします。成人では、貧血、発赤、脂漏性の荒れを伴う皮膚の炎症を引き起こします。手足が麻痺し、ピンや針で刺されるようなチクチクした感覚が生じます。舌はヒリヒリして赤くなり、口の端にひび割れができます。意識障害、過敏、うつになる場合もあります。

診断は、食生活、症状、ビタミンB6サプリメントへの反応に基づいて行います。診断を確定する簡便な血液検査はありません。ビタミンB6欠乏症の人や、体内に蓄えられているビタミンB6を消費する薬を服用している人は、ビタミンB6サプリメントを摂取する必要があります。

ビタミンB6過剰症

手根管症候群、月経前症候群、神経障害(ニューロパシー)といった疾患には、非常に大量のビタミンB6が処方されますが、有益性があることを示す報告はほとんどありません。大量の服用は、下肢に痛みや麻痺を引き起こします。

診断は、症状や大量のビタミンB6を服用した経緯があるかどうかに基づいて行います。治療としては、ビタミンB6サプリメントを中止します。回復には時間がかかり、ある程度の歩行困難が長く続くことがあります。

ページの先頭へ

前へ: ナイアシン

次へ: ビタミンB12

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件