メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

内分泌を制御するしくみ

内分泌腺の働きを制御するために、それぞれのホルモンの分泌量は正確に調節されなければなりません。体は必要とするホルモン量と比べて多いか少ないかを感知することができます。

多くの内分泌腺は、脳の視床下部と脳の基底部にある下垂体との間で、ホルモン信号が相互に作用することで制御されています。この相互作用を視床下部‐下垂体軸といいます。視床下部は下垂体を制御する数種のホルモンを分泌します。下垂体は内分泌中枢とも呼ばれ、同様に他の多くの内分泌腺の機能を制御します(内分泌系の“中枢”を担う下垂体を参照)。下垂体はホルモンの分泌を制御していますが、これは他の内分泌ホルモンの血中濃度によって、下垂体にホルモン分泌を減速あるいは加速するよう信号を送るフィードバック機構を通して行われています。

同じように、他の多くの因子が内分泌の働きを制御しています。たとえば、赤ちゃんが母親の乳首を吸う刺激が下垂体に伝わると、乳汁をつくり、乳汁を出すプロラクチンとオキシトシンが分泌されます。血糖値が上がると、膵臓の膵島細胞群が刺激されてインスリンがつくられます。神経系の一部は副腎を刺激してエピネフリンをつくらせます。

ページの先頭へ

前へ: 内分泌の機能

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件