メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺の働きが低下し、甲状腺ホルモンの産生が不十分な病気で、生命活動がゆっくりと低下します。

甲状腺機能低下症は、一般的に高齢者に多く、中でも女性によくみられ、高齢女性の約10%がかかっています。ただし、いずれの年代でも発症します。非常に重症の甲状腺機能低下症として、粘液水腫があります。

原因

甲状腺機能低下症にはいくつか原因があります。最も一般的なのが橋本甲状腺炎です(甲状腺の病気: 橋本甲状腺炎を参照)。甲状腺が徐々に破壊されるにつれて甲状腺の機能低下が進行します。

痛みのない亜急性甲状腺炎と痛みを伴う亜急性甲状腺炎は、ともに一過性の甲状腺機能低下の原因になります。この甲状腺機能低下症は甲状腺が破壊されていない一時的なものです。

甲状腺機能低下症は、甲状腺機能亢進症や甲状腺癌の治療で使われる放射性ヨード治療あるいは甲状腺の外科的除去のために、甲状腺ホルモンがまったく産生されなくなった場合にも起こります。

多くの開発途上国では、慢性的なヨード不足の食事が甲状腺機能低下症の最も多い原因です。ただし、米国ではこの原因による甲状腺機能低下症は少数です。それは、ヨード添加の食塩を使用したり、酪農業者が畜牛の乳房殺菌にヨードを使用して乳製品にもヨードが含まれているためです。甲状腺機能低下症の比較的まれな原因としては、甲状腺細胞中の異常酵素が甲状腺の十分な甲状腺ホルモンの産生と分泌を妨げる遺伝性の病気があります。その他のまれな原因としては、甲状腺を正常に刺激する甲状腺刺激ホルモンを、視床下部も下垂体も十分に分泌できない場合があります。

症状

甲状腺ホルモンが不足すると、身体機能が低下します。症状はとらえにくく、徐々に進行します。特に高齢者ではうつ状態と間違えられます。顔の表情が乏しく、声がかすれ、話し方はゆっくりで、まぶたは垂れて、眼と顔が腫れます。甲状腺機能低下症の人の多くは体重が増え、便秘で、冷え性になります。毛髪は薄くて粗く、パサついて、皮膚はきめが粗く、乾燥し、うろこ状に厚くなります。手がうずいて痛む手根管症候群が現れる人もいます(手の障害: 手根管症候群を参照)。脈拍は遅くなり、手のひらと足の裏がわずかに黄色みを帯びて(カロチン血症)、まゆの両端が次第に抜けます。特に高齢者では、錯乱、もの忘れ、あるいは痴呆など、アルツハイマー病や他の痴呆症と容易に間違えられやすい徴候が生じることがあります。

写真

甲状腺機能低下

甲状腺機能低下

治療しなければ、甲状腺機能低下症は貧血、低体温、心不全を結果として引き起こします。この状態は錯乱、意識喪失や昏睡(粘液水腫昏睡)を生じ、呼吸が遅くなり、発作や脳への血流が低下する致死的な合併症に進行することがあります。粘液水腫昏睡は、甲状腺機能低下症の人が寒さなどの身体的ストレスを受けたり、感染症、外傷、手術、脳の機能を抑える鎮静薬などの薬剤がきっかけで起こります。

診断

甲状腺機能低下症は甲状腺刺激ホルモンの量を測定する簡単な血液検査で診断されます。甲状腺機能低下症は高齢者によくみられ、軽症ではこの年代が侵される他の病気との区別が難しいため、55歳以上の人はこの検査を少なくとも1年おきに行うように、多くの専門医が指導しています。

甲状腺機能低下症のまれなケースに、甲状腺刺激ホルモンの不十分な分泌によるものがあり、第2の検査としてタンパク質に結合していない(遊離)甲状腺ホルモンT4値を測定する必要があります。この値が低ければ甲状腺機能低下症の診断が確定されます。

治療

治療法としては、数種類の経口薬のうち1種類を用いて甲状腺ホルモンを補充する方法があります。ホルモン補充に望ましいのは合成甲状腺ホルモンT4です。ほかに、動物の甲状腺を脱水(乾燥)させた製剤があります。一般的に乾燥甲状腺製剤は、錠剤中の甲状腺ホルモンの含有量が変動するので、合成T4ほど十分な効果が得られません。粘液水腫昏睡のような緊急の場合、合成T4かT3、あるいは両方が静脈注射されます。

治療は少量の甲状腺ホルモン投与から始めますが、それは多くの量が必要な場合でも、1回分が多すぎると重篤な副作用を引き起こすことがあるからです。治療開始時の量と増量の割合は、高齢者では副作用のリスクが高いので特に少なくします。用量は血液中の甲状腺刺激ホルモンの濃度が正常値に戻るまで徐々に増やします。妊娠中は用量を調整する必要があります。

ページの先頭へ

前へ: 甲状腺機能亢進症

次へ: 甲状腺炎

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件