メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

リンパ球増加症

リンパ球増加症とは、血液中のリンパ球数が異常に多くなった状態をいいます。

リンパ球数は、感染症、特にウイルス感染があると増加します。結核などの細菌感染でもリンパ球が増えます。リンパ腫、急性や慢性のリンパ球性白血病などのがんでもリンパ球が増加しますが、その一部は、未熟なリンパ球(リンパ芽球)またはリンパ腫細胞が血液中に放出されることによるものです。グレーヴス病(バセドウ病)やクローン病でも血液中のリンパ球が増加します。

リンパ球が増えたときに現れる症状は、リンパ球の増加そのものというよりは、増加の原因となっている感染や病気によるものです。リンパ球数が増加していることがわかった場合は、血液を顕微鏡で観察し、血液中のリンパ球が活性化しているかどうか(ウイルス感染の場合など)や、未熟または異常なリンパ球があるかどうか(白血球やリンパ腫の場合など)を調べます。

リンパ球増加症の治療は、その原因によって異なります。

ページの先頭へ

前へ: リンパ球減少症

次へ: 単球の病気

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件