メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

好塩基球の病気

血液1マイクロリットル中の好塩基球数は0〜300で、血液中の白血球の3%未満です。好塩基球は、免疫系における監視機能と傷の治癒の役割を担っています。また、ヒスタミンなどのメディエーターを放出してアレルギー反応を開始させます。甲状腺中毒症、急性のアレルギー反応(過敏症反応)、感染などに対する反応として、好塩基球の数が減少することがあります(好塩基球減少症)。甲状腺機能低下症では好塩基球数の増加がみられます(好塩基球増加症)。真性赤血球増加症や骨髄線維症などの骨髄増殖性疾患では、好塩基球が著しく増加することがあります。

ページの先頭へ

前へ: 好酸球の病気

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件