メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

化学療法

化学療法では、薬を使って癌細胞を破壊します。正常な細胞は傷つけずに癌細胞だけを殺す化学療法薬があれば理想的ですが、そのような薬はほとんどありません。実際に使われている化学療法薬は、正常な細胞よりも癌細胞により多くの損傷を与えるようにデザインされています。どんな化学療法薬も、程度の差はありますが正常な細胞にも影響を与え、副作用を起こします。

すべての癌に化学療法が有効とは限りません。使う薬の種類や組み合わせ、投与量は癌の種類によって決まります。化学療法のみで治療することもあれば、放射線療法や手術と併用する場合もあります。

各種の「分子標的薬」を使う方法もあります。これらの物質は癌細胞に入りこんで細胞内の重要な情報の流れを妨げ、代謝に欠陥を生じさせることで癌細胞に死をもたらします。この種の薬の第1号であるイマチニブは、悪性細胞のエネルギー代謝を担う部分を変化させ、慢性骨髄性白血病や消化管癌の一部にきわめて有効です。このほか非小細胞肺癌や大腸癌の細胞表面にある受容体(レセプター)を標的とする薬もありますが、まだ一般には使用されていません。

高用量化学療法は、きわめて大量の化学療法薬を使う新しい方法ですが、危険も伴います。対象となる数種類の癌(骨髄腫、リンパ腫、白血病の一部のタイプなど)で、最初に実施した化学療法では良い反応がありながらも再発した場合に使われます。初回の治療で薬に感受性がある癌だとわかっているので、大量投与でより多くの癌細胞を殺し、患者の生存期間を延ばそうとするものです。

高用量化学療法は骨髄に致死的な損傷を与えるので、普通は骨髄の自家移植と組み合わせて実施されます。本人の骨髄細胞をあらかじめ取り出しておき、化学療法の後にこれを体内に戻すという方法です。場合によっては血液の中から幹細胞(さまざまな血球に分化する能力をもった細胞)を取り出し、これを骨髄細胞の代わりに使用して骨髄機能を再生させます。

薬の種類

薬の例

作用

副作用

アルキル化薬

 
  • シクロホスファミド
  • クロラムブシル
  • メルファラン
DNAと化学結合してDNAを分離させ、複製エラーを生じさせる 骨髄抑制、胃粘膜の損傷、脱毛。妊娠率低下のおそれあり

代謝拮抗薬

 
  • メトトレキサート
  • シタラビン
  • フルダラビン
  • 6-メルカプトプリン
  • 5-フルオロウラシル
DNAの合成を妨げる アルキル化薬と同様

抗有糸分裂薬

 
  • ビンクリスチン
  • パクリタキセル
  • ビノレルビン
癌細胞の分裂を妨げる アルキル化薬と同様。神経の損傷

トポイソメラーゼ阻害薬

 
  • ドキソルビシン
  • イリノテカン
酵素(トポイソメラーゼ)の阻害によってDNAの合成と修復を妨げる アルキル化薬と同様。ドキソルビシンでは心臓の損傷

白金誘導体

 
  • シスプラチン
  • カルボプラチン
DNAと結合して分離させる アルキル化薬と同様。神経の損傷、腎臓の損傷、難聴

ホルモン療法

  タモキシフェン エストロゲンの作用を妨げる(乳癌の場合) 子宮内膜癌、血液凝固、のぼせ
  ビカルタミド アンドロゲンの作用を妨げる(前立腺癌の場合) インポテンス(勃起不全)

シグナル伝達阻害薬

  イマチニブ 細胞分裂のシグナル伝達を遮断する(慢性骨髄性白血病の場合) 肝機能の異常、体液の貯留

モノクローナル抗体

  リツキシマブ リンパ球由来腫瘍の細胞表面の受容体に結合し、細胞死を起こす アレルギー反応
  トラスツズマブ 乳癌細胞の成長因子受容体をブロックする  
  ゲムツズマブ・オゾガミシン 白血病細胞の受容体に結合する特異抗体を含み、白血病細胞に治療量の化学療法薬成分を送りこむ  

生物学的反応調節物質(BRM)

  インターフェロンアルファ 不明 発熱、悪寒、骨髄抑制

分化誘導薬

  トレチノイン 白血病細胞の分化と死を誘導する 重度の呼吸困難(呼吸促迫)
ページの先頭へ

前へ: 放射線療法

次へ: 免疫療法

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件