メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

併用療法(複数の治療法の組み合わせ)

化学療法では一般に、複数の薬を組み合わせて使用します(併用化学療法)。癌細胞のライフサイクルのさまざまな時期に作用する薬を組み合わせることで、より多くの癌細胞を殺すのが狙いです。異なる毒性をもつ薬を併用する場合には、耐えがたい副作用を生じないために、それぞれの薬を最適な用量で使用します。結果的には、たとえば癌細胞を殺す薬を抗体と、あるいは癌に対抗する免疫システムを刺激する薬と組み合わせて使用するなど、作用がまったく異なる薬が組み合わされることもあります。

手術、放射線療法、化学療法の組み合わせによる治療が最も適した癌もあります。手術と放射線療法は限局した癌を治療しますが、化学療法は転移した癌細胞も殺します。放射線療法や化学療法は、腫瘍を小さくして手術で完全に除去する可能性を高める目的で手術の前に行ったり、あるいは手術後に残った癌細胞を破壊するため使用する場合もあります。単独の方法で治療するか併用療法を行うかは、しばしば癌の病期によって決まります。たとえば、初期の乳癌では腫瘍の大きさと再発のリスクによって、手術のみとするか、手術を放射線療法か化学療法のいずれかと組み合わせるか、3つの方法を併用するかを決めて治療します。局所的に進行した乳癌では化学療法、放射線療法、手術を併用します。

ときに併用化学療法は、放射線療法や手術に適さない進行癌(非小細胞肺癌、食道癌、膀胱癌など)の症状の緩和や延命を目的に行われます。

ページの先頭へ

前へ: 免疫療法

次へ: 代替医療

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件