メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

選択的抗体欠損

選択的抗体欠損は、通常は後天性ですが、遺伝性の免疫不全疾患の場合もあります。全体の抗体値が正常でもある種の抗体値だけが低くなります。

抗体(免疫グロブリン)には、いくつかの異なる種類があり、それぞれ異なる方法で感染症から身を守る働きをします(免疫システムのしくみと働き: 抗体を参照)。どの種類でも抗体値の低下がありますが、最もよくみられるのは免疫グロブリンA(IgA)の抗体値低下です。選択的IgA欠損は生涯にわたって続きます。この疾患は染色体異常のほか、抗けいれん薬であるフェニトインの使用によっても起こります。

選択的IgA欠損の場合、症状はほとんどないか、あってもごくわずかです。まれに慢性の呼吸器の感染症、アレルギー、慢性下痢、自己免疫疾患を発症します。もし選択的IgA欠損の人に輸血またはIgAを含む免疫グロブリンが投与されると、IgAに対する抗体ができて、次に輸血あるいは免疫グロブリンを投与したときに、重症のアレルギー反応(アナフィラキシー反応)を起こすことがあります(アレルギー反応: アナフィラキシー反応を参照)。このような患者は、アレルギー反応に対する注意を医師に喚起するため、ブレスレットやタグの医療標識を身につけておく必要があります。

選択的IgA欠損は、特に治療は必要としません。感染症を繰り返す人には抗生物質を投与します。通常は寿命に影響はありません。もし選択的IgA欠損がフェニトインを使用した結果発症しているのであれば、フェニトインの投与をやめれば解決します。

ページの先頭へ

前へ: X連鎖無ガンマグロブリン血症

次へ: 分類不能型免疫不全症

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件