メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

一過性乳児低ガンマグロブリン血症

一過性乳児低ガンマグロブリン血症は、乳児期の抗体生成に遅れが生じる免疫不全疾患です。

誕生時には、免疫システムは完全には発達していません。乳児の抗体のほとんどは母体によってつくられ、誕生前に胎盤を介して胎児に移ります。乳児が自分で抗体をつくりはじめるまで、母体からの抗体が乳児を感染から守ります。この期間は通常、6カ月間です。一過性乳児低ガンマグロブリン血症の乳児は、抗体をつくりはじめるのが遅れます。その結果、抗体値が生後3〜6カ月ごろから低下しはじめ、それが12〜36カ月ごろまで続きます。この疾患は早産児によくみられますが、それは胎児が母体から受け取る抗体が少ないからです。誕生時にみられる疾患ですが、遺伝性ではありません。

ほとんどの患児は、何らかの抗体をもっているので、感染症のリスクはなく治療も必要ありません。しかし、中には、特に未熟児の場合、頻繁に感染症にかかる者もいます。免疫グロブリンを投与すれば、感染症を防いだり、治療効果を上げることができます。投与期間はおよそ6〜12カ月で、必要に応じて抗生物質も投与します。寿命には疾患の影響はありません。

ページの先頭へ

前へ: 分類不能型免疫不全症

次へ: 慢性皮膚粘膜カンジダ症

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件