メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

はじめに

移植とは、生きている細胞や組織や臓器を人から人へ、または体の一部分をある部位から別の部位へ移し替える方法です。

移植の代表的なものが輸血で(輸血: はじめにを参照)、毎年、何百万人もの患者の治療に用いられています。また、臓器や組織も移植されます。

組織や臓器の提供者をドナーといいます。ドナーは、生きている人の場合もあれば死んだばかりの人の場合もあります。組織や臓器は、生きている人から提供される方が移植の成功率が高いので望ましいといえます。しかし、心臓などいくつかの臓器は生きているドナーから取り出すことはできません。

生きているドナーによって提供されることが最も多い組織は、腎臓と、骨髄や血液から得られる幹細胞です。腎臓は体に2つあり、1つでも十分機能するので片方を提供しても通常は問題ありません。また、肝臓や肺の一部も生体から提供できます。生きているドナーからの臓器は取り出してから数分以内に移植されます。

臓器は死後急速に変質します。したがって死亡したドナーからの臓器は、あらかじめ臓器提供に同意していた人から死亡直後に提供を受けます。臓器提供の許諾は、死亡した人の近親者から得る場合もあります。病死した人でなく事故で急死した健常者がドナーになることもよくあります。ときとして、1人のドナーがいくつもの臓器を提供することがあります。たとえば、1人のドナーから角膜を2人に、腎臓を2人に、肝臓を1人に、肺を2人に、心臓を1人にといった具合です。臓器によっては取り出してわずか数時間しかもたないものもあれば、冷却しておけば数日間保存できるものもあります。

米国では、国の機関である全米臓器配分ネットワーク(UNOS)が、データベースを用いて、ドナーと臓器提供を受ける人(レシピエント)とを引き合わせています。データベースには、移植を待っている人の名前が組織型とともにリストに登録されています。臓器が入手可能になると、その情報が入力され縁組み(マッチング)が行われます。こうして、遅滞なく移植が実施されます。米国の多くの州では自動車登録をする際に臓器提供の意思表示ができます。臓器提供の意思は運転免許証に記載されます。米国では、臓器を有償で提供するのは違法です。

ページの先頭へ

次へ: 臓器移植の原則

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件