メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

幹細胞移植

幹細胞とは、体のどの細胞にも成長することができる未分化の細胞です。幹細胞は、胎児だけでなく、成人ももっています。血球のもとになる幹細胞は骨髄から得られますが、少量であれば血液からも得られます。移植用には、胎児の幹細胞が最適と考えられています。小児や成人の幹細胞より移植に対する耐性が強いからです。骨髄には、血球をつくる幹細胞が含まれているので、骨髄移植は、幹細胞移植の1種です。

幹細胞移植は白血病、ホジキン病などのリンパ腫、再生不良性貧血などの治療法として用いられます。さらに幹細胞移植は、ある種の遺伝子疾患をもつ小児、たとえば、サラセミア、鎌状赤血球貧血、先天性の代謝疾患や免疫不全疾患(慢性肉芽腫症など)の治療にも用いられます。ある種の幹細胞は、乳癌のような癌の治療で高用量の化学療法や放射線療法で骨髄が破壊された患者にも移植されます。そのほか、幹細胞移植は、パーキンソン病やアルツハイマー病のような疾患の治療にも有用になるかもしれません。こうしたケースでは、移植された幹細胞は脳細胞になります。

移植する幹細胞は、自分自身の細胞であることもあるし、ドナーから提供を受けたものであることもあります。前者の移植を自家移植、後者を同種移植と呼びます。自分の幹細胞を使用する場合は、化学療法や放射線療法を受ける前に採取して保存しておきます。これらの治療が幹細胞を破壊してしまうからです。治療が終わった後、保存しておいた幹細胞を体内に注射で戻します。

骨髄移植のためには、ドナーは全身麻酔を施され、骨盤骨(寛骨)から注射器で骨髄を抜き取ります。これには、およそ1時間かかります。

成人の幹細胞は、外来で血液から採取する場合もあります。まず、幹細胞が骨髄から血流へ出やすくなる薬をドナーに与えます。次に、腕にカテーテルを挿入して血液を抜き取り、幹細胞を抽出する機械にかけたあと、もう一方の腕に挿入したカテーテルを通して血液を再び体に戻します。十分な量の幹細胞を得るには、1回2〜4時間のこの処置を1〜2週間の間に6回程度繰り返します。幹細胞は、冷凍すれば保存できます。

幹細胞はレシピエントの静脈に注射します。注射された幹細胞はレシピエントの骨の中で増殖して血球をつくりはじめます。

幹細胞移植は、レシピエントの白血球がすでに化学療法や放射線療法で破壊されたり減少したりしているので、リスクを伴います。結果として、2〜3週間の間、すなわち移植された幹細胞が十分な白血球をつくり、感染を防御できるようになるまでは、感染症のリスクが非常に高くなります。

もう1つの問題は、骨髄移植の場合、他人から移植された新しい骨髄が、レシピエントの細胞を攻撃する細胞をつくり出し、移植片対宿主病(輸血: 輸血の注意点と副作用を参照)を起こすことです。さらに、元の病気が再発するおそれもあります。

移植幹細胞が血球をつくりはじめるまでレシピエントを隔離状態にすれば、感染症のリスクは減らせます。この期間中は、医療者も訪問者もマスクと白衣を身に着け、入室前には、手の洗浄を徹底します。ドナーの血液から分離した抗体をレシピエントの静脈内に投与し、感染症からレシピエントの体を守ることもあります。また、増殖因子で血球の生産を促し、感染症や移植片対宿主病のリスクを軽減することもあります。

幹細胞移植後、患者は1〜2カ月入院し、退院後も定期的に通院します。ほとんどの場合、回復するのに少なくとも1年間かかります。

幹細胞とは

幹細胞は未分化の細胞です。いい換えれば、さまざまな細胞に成長する可能性をもった細胞です。中には、体内のあらゆる細胞になりうる幹細胞もあります。また、すでに部分的に分化が進んでいる細胞もあります。たとえば、どんな神経細胞にもなれる幹細胞やどんな腺細胞にもなれる幹細胞です。幹細胞は、最終的に特定の細胞になるまで、多数の幹細胞をつくりながら分裂していきます。このように分裂を繰り返しながら特化していき、最後に、これ以上特化できないというところへたどりつき、1種類の細胞になります。幹細胞は血液、神経、筋肉、心臓、腺、皮膚など、200以上も種類のある細胞のすべてをつくり出します。

アルツハイマー病、パーキンソン病、糖尿病、および脊髄損傷などで破壊された細胞や組織を、幹細胞を使って修復したり置換する研究が進んでいます。幹細胞を特化させる遺伝子情報を活性化させて、幹細胞を誘導するのです。幹細胞を得るには4つの方法がありますが、今後さらに別の方法も開発されるでしょう。

胚:幹細胞は、不妊症治療時に体外受精で生じた胚から取り出されます。体外受精では、精子と卵子を培養皿に取ります。受精が始まり、細胞が分裂して胚を形成します。最も元気な数個の胚を子宮に戻します。残りは廃棄するか、必要があれば、冷凍して保存しておきます。この使わない胚から幹細胞を取り出します。この過程で胚は破壊されてしまいます。このため、胚から採った幹細胞の使用の是非が論争の的になっています。一方で、この方法で得られる幹細胞は、さまざまな細胞をつくり出すことや、臓器移植後の生存に対して、最も高い潜在能力をもっていると考えられています。

胎児:妊娠8週間後から、胚は胎児と呼ばれます。幹細胞は、流産や堕胎によって死亡した胎児から得られます。

へその緒:出産後のへその緒や胎盤の血液から幹細胞が得られます。ここで得られる幹細胞は血球だけをつくります。

小児と成人:小児でも成人でも、骨髄や血液には、幹細胞が含まれています。これらの幹細胞は血球だけをつくります。現在、移植に使われる幹細胞は、ここから得られるものだけです。

ページの先頭へ

前へ: 膵臓移植

次へ: その他の臓器の移植

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件