メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

ブドウ球菌感染症

ブドウ球菌感染症はグラム陽性球菌ブドウ球菌属が起こす感染症です。

写真

ブドウ球菌

ブドウ球菌

ブドウ球菌は、健康な成人の20〜30%の体内に普通にすみついている菌です。鼻や皮膚に多く、口内、乳腺、尿管、腸管、上気道にいることもあります。普段は害を及ぼすことはほとんどありませんが、皮膚にやけどや傷があると、そこから体の防御機構を破って侵入し、感染症を起こします。ブドウ球菌は膿のかたまり(膿瘍)をつくることが多く、その範囲は皮膚だけでなく内臓にも及びます。感染症の症状は、軽度から命にかかわるものまでさまざまです。

ブドウ球菌感染症に特にかかりやすいのは、新生児、注射針を使う麻薬常習者、授乳中の女性、皮膚障害や手術創がある人、免疫力が低下している人、慢性疾患がある人(特に糖尿病、肺疾患、静脈や動脈の疾患、癌)です。静脈内カテーテル、中でも体内に1〜2日以上留置するタイプはブドウ球菌に汚染されやすく、カテーテルから菌が血流に入ると菌血症を起こします。通常、手術後のブドウ球菌感染症は数日から数週間後に起こりますが、手術の際に抗生物質の投与を受けている場合は、さらに遅れて発症することがあります。

ブドウ球菌は皮膚に感染する傾向がありますが(細菌による皮膚感染症: はじめにを参照)、血流に入ると全身に回り、特に心臓では心内膜炎(感染性心内膜炎を参照)、骨では骨髄炎(骨・関節の感染症: 骨髄炎を参照)を起こすことがあります。ブドウ球菌性心内膜炎は、注射針を使う麻薬常習者によくみられます。ブドウ球菌性骨髄炎は小児に多くみられますが、高齢者、特に床ずれ(褥瘡[じょくそう])などの深い皮膚潰瘍がある場合にもみられます。

ブドウ球菌性肺炎は重い感染症で(肺炎: ブドウ球菌性肺炎を参照)、慢性気管支炎や肺気腫などの慢性肺疾患がある人やインフルエンザに併発して起こります。

ブドウ球菌の中には毒素をつくるタイプもあり、ブドウ球菌性食中毒(胃腸炎: ブドウ球菌食中毒を参照)、毒素性ショック症候群、熱傷様皮膚症候群(細菌による皮膚感染症: ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群を参照)の原因となります。

症状

ブドウ球菌はさまざまな皮膚感染症を起こしますが、最も軽いものは毛包炎という毛根の感染症で、毛の根元に小さな白い吹き出ものができ、痛みも少しあります。とびひ(伝染性膿痂疹[でんせんせいのうかしん])は浅い水疱がつぶれて周りに黄色いかさぶたができるもので、かゆみや痛みがあります。皮膚膿瘍は皮下にできる膿のかたまりで、熱をもち、痛みがあります。蜂巣炎は皮下に広がる感染症で、患部が赤くなり痛みます。ブドウ球菌による皮膚感染症のうち特に重症なのが、中毒性表皮壊死症と新生児の熱傷様皮膚症候群で、どちらも広い範囲で皮膚がむけます。ブドウ球菌の皮膚感染症は、すべて感染性が非常に高いものです。

乳房のブドウ球菌感染症(乳腺炎)と膿瘍は分娩の1〜4週間後に起こり、患部が赤くなり痛みます。膿瘍から母乳に大量の菌が混じり、母乳を通して乳児に感染することもあります。

ブドウ球菌性肺炎は、高熱が出て息苦しく、呼吸が速くなり、血の混じったたんを伴うせきが出ます。新生児と成人の両方に肺膿瘍をつくります。膿瘍は肺を覆う膜へ広がり(膿胸)、肺炎による呼吸困難をさらに悪化させます。

重いやけどの場合、ブドウ球菌性の菌血症を起こし、死亡することがあります。菌血症になると高熱が続き、ショックを起こすこともあります。

ブドウ球菌性心内膜炎は、短期間に心臓弁を侵して心不全を引き起こし、呼吸が弱く苦しくなり、死に至ります。

ブドウ球菌性骨髄炎は、悪寒、発熱、骨の痛みなどの症状を引き起こします。患部の上の皮膚が赤く腫れ、近くの関節に水がたまります。

診断と治療

たいていの場合、ブドウ球菌による皮膚感染症は検査をしなくても外観で診断がつきます。重症の場合は血液や体液の培養が必要です。検査結果により診断を確定し、どの種類の抗生物質が有効かを決めます。X線検査などの画像で感染部位を確認できることもありますが、一般に初期診断の決め手にはなりません。

毛包炎や小さなとびひなど軽症の場合は、市販の外用薬で3種の抗生物質(バシトラシン、ネオマイシン[別名フラジオマイシン]、ポリミキシンB)を含むものや、処方薬のムピロシンで治療します。その他の皮膚感染症には、クロキサシリン、ジクロキサシリン、セファレキシンなどの抗生物質を内服します。血液感染症のような重症例には、静脈注射による抗生物質治療を最長6週間続けます。

どの抗生物質を使うかは、感染部位、重症度、抗生物質に対するそれぞれの菌の感受性によります。多くの種類の抗生物質に耐性を示す菌(多剤耐性菌)もいます。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は、ほとんどの抗生物質に対して耐性をもち、大都市の病院や大学病院で現在増えつつあります。かろうじてバンコマイシンとトリメトプリム‐スルファメトキサゾール(ST合剤)がMRSAに対して効力を保っています。

膿瘍は抗生物質だけでは治らず、膿を排出しなくてはなりません。深部にできた膿瘍は、場合によっては外科的に取り除く必要があります。

ページの先頭へ

前へ: 細菌性赤痢

次へ: レンサ球菌感染症

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件