メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

バベシア症

バベシア症は単細胞の寄生虫であるバベシアにより起こる赤血球の感染症です。

バベシア症はライム病と同じくシカのダニによって感染します。動物によくみられますが、人にはめったに感染しません。米国では、離島やニューヨーク州やマサチューセッツ州の沿岸地域の住人にみられます。ヨーロッパでもみられます。

バベシアは赤血球の中にすみ、やがて赤血球を破壊し、発熱、頭痛、筋肉痛を起こします。赤血球を破壊するため、貧血が起こることがあります。

脾臓(ひぞう)を摘出している人では、高熱、貧血、濃色尿、黄疸、腎不全などマラリアに似た症状が出て重症化し、死亡する危険が高くなります。脾臓の機能が保たれている人では、軽症ですみ、治療をしなくても自然に治ります。

バベシア症は、顕微鏡で血液サンプルを検査して診断します。治療はキニーネとクリンダマイシンを使って行います。そのほか、アトバコンとアジスロマイシンの併用も行います。

ページの先頭へ

前へ: 回虫症

次へ: クリプトスポリジウム症

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件