メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

パラコクシジオイデス症

パラコクシジオイデス症は南アメリカブラストミセス症とも呼ばれ、パラコクシジオイデス‐プラジリエンシスという真菌が起こす感染症です。

パラコクシジオイデス症は、主に皮膚、口、のど、リンパ節を侵す真菌感染症ですが、肺、肝臓、脾臓にも起こります。南アメリカでは非常によくみられますが、米国ではまれです。

症状と診断

パラコクシジオイデスに感染すると、リンパ節が腫れ、膿が出ますが、痛みはほとんどありません。最もよく感染するのは、首や腕の付け根のリンパ節です。痛みを伴う潰瘍が口の中にできることがあります。肺が侵された場合は、せきと呼吸困難が起こります。

診断には、組織のサンプルを採取し、顕微鏡で調べます。

経過の見通しと治療

症状は長く続きますが、死に至ることはまれです。治療にはイトラコナゾールを使用します。アムホテリシンBも有効ですが、副作用があるので、非常に重症な場合にのみ使用します。

ページの先頭へ

前へ: ムコール症

次へ: スポロトリクム症

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件