メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

はじめに

性感染症(性病)は性的接触によって人から人へ感染する病気です。

性行為では、親密な接触をするので、生物が人から人へ広がる格好の機会となります。さまざまな感染性微生物が性的接触によって感染を広めます。細菌による性感染症(STD)には、梅毒、淋菌感染症、非淋菌性尿道炎、クラミジア子宮頸管炎、性病性リンパ肉芽腫、軟性下疳(なんせいげかん)、鼠径部(そけいぶ)肉芽腫、トリコモナス症があります。ウイルスによるSTDには、性器いぼ、陰部ヘルペス(ウイルスによる感染症: 単純ヘルペスウイルス感染症を参照)、伝染性軟属腫(ウイルス性皮膚感染症: 伝染性軟属腫を参照)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症またはエイズ(ヒト免疫不全ウイルス感染症を参照)があります。

STDは、感染症の中で最もよくみられる種類のものです。米国では毎年300万人以上が淋菌感染症かクラミジアに感染していると推測され、これらは米国の2大性病となっています。

たいていの場合、感染したパートナーとの腟(ちつ)、口、または肛門を介した性交によりSTDは起こりますが、必ずしも性器の挿入により感染するわけではなく、キスや体と体の濃密な接触によってもうつるものがあります。また、STDの原因微生物の中には、HIVや肝炎ウイルスのように、出産時や母乳を介して母から子に感染したり、汚染された食品、水、血液、医療器具、注射針などを介して感染するものなど、性行為以外の方法でうつるものもあります。

たいていの場合、細菌が引き起こすSTDには有効な薬がありますが、多くの新しい抗生物質耐性株が広がりつつあります。ウイルスによるSTD、特にヘルペスとHIVは生涯にわたって持続し、有効な治療法はあるものの、今のところ根治は望めません。

コンドームの正しい使用法

  • 性行為のたびに新しいコンドームを使う。
  • 正しいサイズのコンドームを使う。
  • 爪や歯などとがったもので穴を開けないよう注意して取り扱う。
  • 勃起後、パートナーと性器が触れ合う前に装着する。
  • コンドームをまるめ、勃起した陰茎の先端に載せる。
  • 精液をためるすき間として、コンドームの先端を1〜2センチメートルほど残しておく。
  • 片手でコンドームの先端に残った空気を押し出す。
  • 割礼をしていない場合は、コンドームを巻き下ろす前に包皮を引き下ろしておく。
  • もう一方の手でコンドームを陰茎の根元まで巻き下ろし、気泡があれば押し出して密着させる。
  • 性交中、潤滑が十分であることを確認する。
  • ラテックス製コンドームの場合は、必ず水性の潤滑剤を使用する。油性潤滑剤(ワセリン、ショートニング、鉱物油、マッサージオイル、ボディーローション、調理油)はラテックスの劣化を招き、コンドームの破損につながる。
  • 引き抜く際は陰茎の根元でコンドームをしっかり押さえ、漏れないようまだ勃起している間に腟から陰茎を引き抜く。

STDの予防や感染拡大の防止には、安全な性行為を心がけることと、早期に診断と治療を受けることが大切です。STDのまん延を防ぐにはどうすればよいか、特にコンドームの正しい使い方についての知識も重要です。

STDの拡大を防ぐための対策の1つに、接触者の追跡があります。感染者と性的接触のあった人をすべて追跡し、治療を試みるという方法です。治療が終わったら、治癒を確認するために再度検査を行います。

性行為により感染する病気

  • アメーバ症
  • カンピロバクター症
  • ケジラミ寄生症
  • サイトメガロウイルス感染症
  • ジアルジア症
  • A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎
  • サルモネラ症
  • 疥癬(かいせん)
  • 細菌性赤痢

ページの先頭へ

次へ: 梅毒

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件