メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

軟性下疳

軟性下疳は、軟性下疳菌という細菌が起こす性感染症で、生殖器に痛みのある潰瘍ができます。

軟性下疳は世界中でよくみられますが、米国ではまれな病気で、1999年に報告されたのはわずか143例でした。このうちの4分の3は、ニューヨーク州、サウスカロライナ州、テキサス州で局地的にまとまって発生したものです。

症状は感染後3〜7日で現れます。痛みを伴う小さな水疱が生殖器や肛門付近にでき、すぐに破れて浅い潰瘍を生じます。潰瘍が広がって合体することもあります。鼠径部のリンパ節は押すと痛み、増大し、いくつもつながって膿のかたまり(膿瘍[のうよう])ができます。膿瘍の表面の皮膚は赤くつやを帯び、破れると皮膚の上に膿が出ます。

軟性下疳には数種類の抗生物質が有効です。セフトリアキソンの注射による単回投与は有効ですが、アジスロマイシンの単回経口投与、シプロフロキサシンの経口投与を3日間、エリスロマイシンの経口投与を7日間なども効果があります。

ページの先頭へ

前へ: 性病性リンパ肉芽腫

次へ: 鼠径部肉芽腫

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件