メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

鼠径部肉芽腫

鼠径部肉芽腫は肉芽腫カリマトバクテリウムという細菌が起こすまれな性感染症で、生殖器の慢性的な炎症を生じます。

鼠径部肉芽腫は先進国ではまれな病気で、米国では1999年に8例の報告があっただけでした。パプアニューギニア、オーストラリア、南アフリカなどで原始的な生活をしている人々に多くみられます。

症状は通常、感染後1〜12週間で現れます。まず、痛みのない赤い結節ができ、少しずつ大きくなって1つまたは複数の丸い隆起したこぶになり、破れて潰瘍ができます。男性では陰茎、陰嚢、鼠径部、大腿部、女性では外陰部、腟とその周辺の皮膚などが感染部位です。トリメトプリム‐スルファメトキサゾールかドキシサイクリンの最低3週間の経口投与が効果的です。

ページの先頭へ

前へ: 軟性下疳

次へ: トリコモナス症

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件