メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

あせも(汗疹)

あせもは汗が閉じこめられたことが原因で起こる、かゆみを伴った皮膚の発疹です。

あせもは、汗を皮膚の表面まで運ぶ狭い導管が詰まったために起こります。導管が詰まってたまった汗は炎症を引き起こし、皮膚は刺激を受けてチクチクし、かゆくなって、非常に小さい水疱ができます。あせもは、皮膚が広範囲に赤くなるという形で現れることもあります。

あせもは、高温多湿の気候では広くみられます。できやすいのは皮膚と皮膚が接触する部分、つまり乳房の下やももの内側、わきの下などです。

症状は、皮膚を涼しく乾いた状態に保つことで抑えられます。ボディーパウダーや制汗剤も役に立ちます。汗を増やす状態を避けるべきなので、エアコンで調節できる環境が理想的です。

写真

紅色汗疹

紅色汗疹

あせもはなぜできるのか

あせもはなぜできるのか

汗腺がふさがって導管が破裂し、汗が皮膚の下にたまるとあせもができます。

皮疹が出たら、ステロイドのクリームかローションを用います。これに少量のメントールを加えたものを使うこともあります。しかし、局所用薬よりも、皮膚を涼しく乾いた状態に保つ方が効き目があります。

ページの先頭へ

前へ: はじめに

次へ: 多汗症

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件