メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

抜け毛(脱毛症)

抜け毛(脱毛症)は頭部に起こることが最も多いですが、体の他の部分に生じることもあります。

抜け毛はゆっくりと進行したり、急に進行したりします。その原因は遺伝的要因、加齢、部分的な皮膚の状態、全身に影響が出る病気(全身性疾患)などです。薬が原因で起こることもあります。頭部で生じた抜け毛は、禿頭症(とくとうしょう)といいます。

男性ホルモン性脱毛症は、抜け毛の原因として最も広くみられるもので、男性の約半数(男性型脱毛症)、女性の10〜20%(女性型脱毛症)がいずれはこれにかかります。男性ホルモンであるジヒドロテストステロンがわずかに増えることと、遺伝的要因が主な原因だと考えられています。脱毛症はどの年代でも発症する可能性があり、10代のうちに出る例もあります。

男性では、抜け毛は前頭部か頭頂部から始まって、後頭部へと向かうのが一般的です。人によっては抜け毛は部分的なものにとどまり、生えぎわが後退したり小さな脱毛が後頭部にできるだけです。しかし、若いうちから抜け毛が始まった人では、頭頂部の毛がほとんどすべて失われ、側頭部や後ろの方に部分的に毛が残るだけになることもあります。

写真

男性型禿頭症

男性型禿頭症

女性では、抜け毛症は頭頂部から始まりますが、完全に毛が抜けるのではなく毛が全体に薄くなるのが一般的です。通常、生えぎわは変化しません。このようなパターンは、女性型脱毛症と呼ばれます。

写真

女性型禿頭症

女性型禿頭症

中毒性脱毛症とは、肉体的・精神的ストレスが原因で起こる脱毛症です。急激な体重減、重い病気(特に高熱を伴う病気)、手術などが原因となります。癌(がん)の化学療法薬や血圧の薬、リチウム、バルプロエート、経口避妊薬、ビタミンA、レチノイドといった薬も抜け毛の原因となります。甲状腺や下垂体の機能低下も中毒性脱毛症の原因となり、妊娠後によくみられます。

抜け毛は、原因となる病気や状況が生じてからすぐ、あるいは3〜4カ月後から始まります。通常、この抜け毛は一時的なもので、いずれ毛はまた生えてきます。

円形脱毛症はよくみられる病気で、不規則な円形のパッチ状に部分的脱毛が突然起こります。原因は自己免疫反応、つまり免疫による防御機能が誤って毛包を攻撃したためではないかと考えられています。円形脱毛症は、頭髪かひげに生じるのが一般的です。まれですが、全身の体毛が抜け落ちることがあり、これは全身性脱毛症と呼ばれています。円形脱毛症は性別や年齢を問わず起こりますが、子供や若い成人に特に多くみられます。一部の患者は甲状腺の異常を併発していますが、円形脱毛症は他の病気が原因で起こるものではありません。たいていは数カ月でまた毛が生えてきます。しかし広範囲に抜け毛が生じている場合は、毛が再生しないことが多いようです。

写真

円形脱毛症

円形脱毛症

抜毛症とは、正常な毛髪を引き抜いてしまう性癖のことです。大半は子供ですが、成人でも起こります。抜毛行為はなかなか周囲に気づかれにくく、医師も両親も抜け毛の原因は円形脱毛症や、真菌感染症だと思いがちです。

瘢痕性脱毛症とは、損傷を受けて瘢痕化した皮膚の脱毛症です。皮膚は、やけどや外傷、X線治療などで損傷を受けることがあります。瘢痕化を起こす病気には、エリテマトーデス、扁平苔癬、持続性の細菌および真菌感染症などがあります。皮膚癌でも、瘢痕(はんこん)化が起こります。

写真

瘢痕性脱毛症

瘢痕性脱毛症

診断と治療

男性型脱毛症、女性型脱毛症については、その典型的な外観から診断します。その他の脱毛症に関しては、症状を観察しただけで原因を特定するのは難しい場合があります。医師は毛幹を顕微鏡で調べ、頭皮の生体組織検査を行います(皮膚の病気の診断と治療: 診断を参照)。生体組織検査では、毛包が正常な状態かどうかを調べることができます。正常ではない場合、検査結果から原因が類推できます。医師の検査でホルモンの異常やその他の病気の徴候が発見された場合、その病気を特定するための血液検査が必要となります。

男性型脱毛症、女性型脱毛症は薬による治療で効果が得られることがあります。ミノキシジルを毎日頭皮につけると、毛髪の成長を促進します。フィナステリドは男性ホルモンが毛包に及ぼす影響を阻害できます。この薬は経口薬で毎日服用します。これらの薬は、数カ月間続けて使用することで効果が得られます。こうした薬の最も重要な役割は、さらなる抜け毛を予防することにあります。薬の効き目があるのは、服用している間だけです。

もっと永続的な治療法は、毛髪の移植、つまり、頭皮の一部から毛包を切除して脱毛のある部分に移植する方法です。比較的新しい毛髪移植技術では、一度に移植するのは1〜2本の毛髪だけです。この方法は時間がかかりますが、広い面積の皮膚を切除する必要がなく、移植する毛髪が自然に生えている毛と同じ方向に生えるような位置に移植することができます。

中毒性脱毛症は、原因となっている毒性物質が取り除かれると治ります。抜け毛は通常は一時的なので、治療にはかつらを用いることがしばしばあります。化学療法を受ける人は必要になったときに備えて、治療開始前からかつらを作る会社と相談して準備をしておくべきです。

円形脱毛症の治療には、コルチコステロイド薬を使用します。脱毛部分が小さい場合、その部分にコルチコステロイドを皮下注射し、ミノキシジルを局所用薬としてそこに塗ります。脱毛部分が大きい場合、コルチコステロイドの経口薬を使うことがありますが、薬の服用を中止するとまた抜け毛が始まってしまいます。このほかに円形脱毛症の治療として刺激のある化学物質、たとえばアントラリンを頭皮に塗って、その部分に軽度のアレルギー反応や刺激を誘発する方法があります。こうして刺激を与えられると、毛髪が再び生えてくることがあります。

瘢痕性脱毛症は、治療が特に難しいといえます。可能であれば瘢痕の原因を治療しますが、いったんその部分が完全に瘢痕化してしまうと、まず毛は生えてきません。

ページの先頭へ

前へ: 多毛症

次へ: ひげの内方発育

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件