メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

ひげの内方発育

毛はくるっと丸まってカールすることがあり、その先端が皮膚を刺すと炎症を引き起こす場合があります(ひげによる偽毛包炎)。この症状は、ひげのカールした毛に起こりやすく、特に黒人男性に多くみられます。皮膚の内側で伸びた毛が、小さくて軽い痛みを伴う吹き出ものになります。その中心には、ほとんど外からは見えませんがカールした毛が丸まっています。

診断は、典型的な外観から行います。治療法としては、皮膚の内側で成長している毛(ひげ)を針やメスなどの器具を使って引き出す方法があります。最も効果的な予防法は、ひげを伸ばすことです。長く伸びた毛は丸まって皮膚を刺すことがないからです。ひげを伸ばしたくない場合は、除毛剤を使うこともできます。これはチオグリコールでつくられたクリームや液状の薬ですが、皮膚に刺激を与えることがしばしばあります。ひげをそる場合は、ひげが生えている方向に向かってそるようにしなくてはなりません。カミソリでいろいろな方向から何度も入念にそる方法は避けるべきです。症状がなかなか改善されない場合は、レーザー治療を行うこともあります(レーザーによる皮膚治療を参照)。

ページの先頭へ

前へ: 抜け毛(脱毛症)

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件