メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

はじめに

水疱(すいほう)とは、死んだ皮膚でできた非常に薄い膜の下に、液体がたまってできるふくらみです。この液体は、損傷を受けた組織からにじみ出てきた水分とタンパク質が混ざったものです。水疱は、やけどや炎症などの外傷を皮膚が受けるとその反応として生じます。普通は表皮(皮膚の最も外側の層)だけにできます。このような水疱は治りが早く、傷あとも残りません。全身性疾患の一部としてできる水疱は、皮膚の深い層から生じて広い面積にできることがあります。このような水疱は治りが遅く、あとが残る場合があります。

水疱の原因となる病気や外傷はたくさんありますが、中でも3つの自己免疫疾患、天疱瘡(てんぽうそう)、水疱性類天疱瘡、疱疹状皮膚炎は、最も症状が重い病気です。自己免疫疾患とは、正常な状態では異物の侵入から体を守っている免疫システムが、誤って自分の細胞―この場合は皮膚を攻撃してしまうために起こる病気です(自己免疫疾患を参照)。

ページの先頭へ

次へ: 天疱瘡

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件