メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

はじめに

皮膚は、細菌感染を防ぐ非常に優秀なバリアの役目を果たしています。皮膚はさまざまな細菌に接触していますし、皮膚に生息する細菌もいますが、普通の状態ではこれらの細菌は感染症を引き起こしません。皮膚の細菌感染は、ポツンと小さなものから、体全体に及ぶものまでさまざまです。感染の重症度も、ほとんど害のないものから命にかかわるものまでいろいろあります。

皮膚に感染症を引き起こす細菌はたくさんあります。最も一般的なものは、ブドウ球菌レンサ球菌です。もっと頻度の低い細菌感染は、病院、介護施設といった場所、あるいは庭仕事をした場合、池、湖、海で泳いだ場合などに起こります。

普通より細菌感染症にかかりやすい人もいます。たとえば、糖尿病患者がそうです。糖尿病の人は手や足の血流が悪い傾向にあり、血糖値が高いために細菌を殺す白血球の働きが弱まっているからです。エイズ(後天性免疫不全症候群)などの免疫疾患の人や化学療法を受けている人も、免疫力が低下し細菌感染を起こしやすい状態になっています。日焼けやひっかき傷、外傷などによる炎症や損傷も、皮膚の細菌感染を起こしやすい状態です。実際、どんな傷でも皮膚に外傷があるときは感染症にかかりやすいといえます。

感染を予防するには、皮膚を清潔で損傷のない状態に保ちます。皮膚に切り傷やすり傷を負った場合は、せっけんと水で傷を洗って滅菌した包帯やばんそうこうで覆います。傷口が開いている場合は、抗生物質のクリームや軟膏を塗ってその部分の組織をうるおった状態に保ち、細菌が侵入してくるのを防ぎます。感染症にかかったら、その範囲が狭い場合には抗生物質のクリームを使って治療します。範囲が広い場合は抗生物質を経口薬で服用するか、注射します。膿がたまったできもの(膿瘍)ができたら医師は切開して膿を出し、皮膚の組織が死んでいる場合はそれも切除します。

ページの先頭へ

次へ: 蜂巣炎

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件