メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

膿痂疹

膿痂疹(のうかしん)とは、黄色ブドウ球菌化膿レンサ球菌、あるいはこの両方によって引き起こされる皮膚感染症で、かさぶたと黄色い痂皮(かひ)を伴ったただれができます。黄色い液体の詰まった小水疱ができることもあります。

写真

膿痂疹

膿痂疹

膿痂疹はよくみられる病気で、主に子供がかかります。この病気は体のどこにでも発症しますが、特に顔面、腕、脚によくできます。豆程度から大きなリング状まで、さまざまな大きさの水疱ができることがあり(水疱性膿痂疹)、数日から数週間この水疱が残ります。この病気は主に正常な皮膚に発症しますが、けがをした部分や、真菌感染症、日焼け、虫刺されなどで皮膚が傷ついた部分に後から発症することもあります。

膿痂疹はかゆみを伴い、少し痛みもあります。かゆみがあるとその部分を強くかいてしまい、そのために感染部分が広がってしまいます。特に子供はその傾向があります。この病気はかなり感染力が強く、感染部分から正常な皮膚へ、あるいは患者から他の人へと容易に感染します。

感染部分の皮膚は、日に数回、せっけんと水でそっと洗ってかさぶたなどを落とします。感染部分が狭い場合はバシトラシン軟膏、ムピロシンクリームか軟膏で治療します。感染部分が広い場合、セファロスポリンなどの抗生物質の内服薬も必要になります。

ページの先頭へ

前へ: 紅色陰癬

次へ: ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件