メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

いぼ(疣贅)

いぼは皮膚にできる小さな突起物で、疣贅(ゆうぜい)ともいいます。80以上の種類があるヒトパピローマウイルスに感染することでできます。

いぼはどの年代の人にもできますが、子供に最も多く、高齢者ではあまりみられません。いぼの数は1〜2個から数百個とさまざまです。ウイルスは長期間にわたって何度も繰り返し接触しないと伝染しないため、いぼは患者から他の人へと伝染するより、同じ人の体の他の部分へと伝染することが多くなります。ただし、性器周辺にできるいぼは、性行為によって他の人へと伝染することがよくあります(性感染症: 性器いぼを参照)。

大半のいぼは、わずらわしいものですが、害はありません。例外は、性器周辺にできるいぼの一部で、女性の子宮頸癌につながる場合があります。

分類

いぼには、群れてできるもの(モザイク様いぼ)と、単独でできるものがあります。いぼは体のどこにできるかと、その形状で以下のように分類します。

普通のいぼ(尋常性疣贅)は硬い突起状のいぼで、表面がザラザラしています。このいぼはほとんどの人にあります。形は円形か、不規則な形で、色は灰色、黄色、茶色などです。大きさは直径が約1センチメートル以下のものがほとんどです。このいぼはけがをしやすい場所、つまり膝、顔面、指、爪の周り(爪周囲疣贅)によくできます。いぼが周囲の皮膚に広がることがあります。

写真

普通のいぼ

普通のいぼ

足底いぼは足の裏にできますが、このいぼは足の裏にかかる体重によって押されて平らになり、その周囲が厚くなった皮膚で囲まれます。このいぼは硬くて平らでその表面がザラザラしており、周囲の皮膚との境界がはっきりしています。足の甲やつま先にできることもあり、その場合は盛り上がった形で多肉質になります。色は灰色、茶色などで中心部が黒くなっています。うおのめやたことは違い、足底いぼはナイフでそいだり切除したりすると、針先のような細かい多数の点から出血があります。

写真

足底いぼ

足底いぼ

糸状いぼは、細長くて小さい突起で、まぶた、顔面、首、唇などにできます。

扁平いぼは子供や若い成人によくできるいぼで、群れになってできます。表面はなめらかで、黄色がかった茶色やピンク色、あるいは周囲の皮膚と同じ色の場合もあり、顔面や手の甲によくできます。男性ではひげの生える部位、女性では脚にもよくみられ、ひげや脚の毛をそることによって広がります。

性器いぼ(性病いぼ、尖形コンジローム)は陰茎、肛門、陰門、腟、子宮頸部にできるいぼです。これは不規則な形のでこぼこした突起で、小さなカリフラワーのかたまりのようにみえることがよくあります(性感染症: 性器いぼを参照)。

症状と診断

足底いぼ以外のいぼは、痛みません。足底いぼは体重がかかって押されるとかなり痛みがあります。

いぼは典型的な外見から診断できます。皮膚にできた突起が何であるかがすぐにはわからない場合は、そのサンプルを採取して顕微鏡で検査します(生検)。

治療

多くのいぼ、特に普通のいぼは1〜2年以内に自然に消えます。いぼは自然に治ればあとが残ることはほとんどないので、痛みがあったり、患者本人がいぼを非常に気にしている場合以外は特に治療の必要はありません。性器いぼは比較的治りにくく伝染もしやすいので、切除するか薬で治療します。どのタイプのいぼも、切除した後に再発することがあります。足底いぼは最も治りにくいいぼです。

いぼを取り除くには、薬剤を使う、切除する、凍結させて取る、レーザーや電流で焼いて取る、といった方法があります。

いぼを取るのに使われる薬剤には、サリチル酸、ホルムアルデヒド、グルタルアルデヒド、トリクロロ酢酸、カンタリジン、ポドフィリンなどがあります。扁平いぼには、レチノイン酸、サリチル酸などの剥皮用の薬を用います。5‐フルオロウラシル配合のクリームや溶液を使うこともあります。患者が自分で塗ることのできる薬剤もありますが、病院で塗ってもらう必要があるものもあります。これらの薬の多くは正常な皮膚もヒリヒリさせる刺激があるので、自分で塗る場合は使用方法をきちんと守って使わなくてはなりません。薬での治療は、数週間から数カ月の間に何度か繰り返して行う必要があります。治療を始める前に、いぼから死んだ皮膚組織を削って取り除きます。

凍結させていぼを取る方法(凍結療法)は安全ですし、普通は麻酔をかける必要もありません。しかし、この方法は子供にとっては痛くて我慢できないこともあります。方法は、市販の凍結用物質や液体窒素を、いぼにスプレーするか綿棒で塗布します。この治療法は足底いぼ、爪の下にできたいぼに用います。特に大きいいぼの場合、この治療を複数回、月に1回の間隔で行う必要があります。

いぼを焼き切る方法、切除する方法は効果がありますが痛みが強く、傷あとも残りがちです。パルス色素レーザーも効き目がありますが、凍結療法と同様に複数回の治療が必要となります(レーザーによる皮膚治療を参照)。

イミキモドは性器いぼ治療用の新しいクリーム状の薬で、その他のいぼの治療にも一部で使われています。

ページの先頭へ

前へ: はじめに

次へ: 伝染性軟属腫

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件