メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

外耳炎

外耳炎は、外耳道が感染によって炎症を起こした状態です。

外耳炎には、外耳道の全域にわたるびまん性外耳炎と、耳に小さなおでき(耳せつ)ができる限局性外耳炎があります。

原因

びまん性外耳炎はさまざまな種類の細菌や、まれに真菌によっても起こります。アレルギー、乾癬(かんせん)、湿疹のある人、頭皮に皮膚炎がある人は、特に外耳炎にかかりやすくなります。耳あかを取っていて外耳道を傷つけたり、耳に水が入ったり、ヘアスプレーや毛染め剤などの刺激物が外耳道に入っても、外耳炎になります。急性の外耳炎はプールで泳いだ後によくみられ、水泳耳やスイマーズイヤーなどとも呼ばれます。耳栓や補聴器を使っている場合は、きちんと手入れをして清潔にしておかないと外耳炎にかかりやすくなります。

症状と診断

びまん性外耳炎の症状は、かゆみと痛みです。いやなにおいのする白または黄色の耳だれがみられることもあります。外耳道はまったく腫れないことも、わずかに腫れる場合もありますが、重度になると外耳道が腫れて完全にふさがってしまうこともあります。外耳道が腫れていたり、膿(うみ)や分泌物のかすなどで詰まっていると、聴力が低下します。耳を引っぱったり、外耳道の入り口に圧迫を加えると、痛みを感じます。外耳と鼓膜の観察用の器具(耳鏡)で中を見ると、外耳道の皮膚は赤く腫れ、膿や分泌物のかすで汚れています。

耳のおできは激しい痛みを引き起こします。おできが破れて少量の血と膿が耳から流れ出ることがあります。

予防と治療

プール後の外耳炎を防ぐには、水泳の前後に、消毒用アルコールと酢酸を同量ずつ混ぜ合わせた液を耳の中に数滴垂らす方法が有効です。そして、汚れた水の中で泳いだり、ヘアスプレーを使ったり、蒸し暑い場所で長時間過ごしたりしないようにします。

綿棒を使った耳そうじも、やりすぎると耳が本来もっている自浄作用をかえって妨げてしまいます。綿棒で分泌物などのかすが鼓膜の方へ押しやられてたまったり、小さな傷ができてしまい、外耳炎の原因になります。

びまん性外耳炎の治療では、原因が何であれ、まず吸引器か脱脂綿で分泌物のかすを外耳道から除去します。外耳道をきれいにしただけで、聴力が正常に戻ることもよくあります。通常は抗生物質の点耳薬が処方され、1日数回ずつ、最大で1週間使用します。腫れを抑えるステロイド薬や、痛みを抑える鎮痛薬入りの点耳薬もあります。外耳炎の治療にはしばしば酢酸入りの点耳薬が使われますが、これは外耳道が正常な酸性度を取り戻せば、細菌がさらに繁殖し続けることはないためです。外耳道がひどく腫れている場合は小さなガーゼを丸めて挿入し、そこに点耳薬を浸透させます。

炎症が治まりはじめるまでの1〜2昼夜は、アセトアミノフェンやコデインなどの鎮痛薬を痛みの軽減に用います。感染が外耳道を越えて広がった場合(蜂巣炎(細菌による皮膚感染症: 蜂巣炎を参照))には、抗生物質の内服薬で治療します。

耳のおできの治療は感染の進行度によって異なります。感染が初期段階の場合は患部をしばらく温め、鎮痛薬で痛みを和らげます。温めることは、治癒を早めるのにも役立ちます。化膿して口を開きそうになっているおできは、切開して膿を出します。その後、抗生物質を患部に直接塗布するか、内服薬を投与します。

ページの先頭へ

前へ: 耳づまり

次へ: 軟骨膜炎

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件