メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

はじめに

ヒトの顔面は、眼を外傷からうまく守る構造になっています。眼球は、丈夫な骨の壁に囲まれたくぼみに収まっています。まぶたは、異物に対してすばやく閉じて眼を保護します(眼のしくみと働き: 眼を保護するしくみを参照)。眼は多少の衝撃では損傷を受けないですむようになっています。

それでも、ある限度を超えれば損傷が生じ、ときには失明するようなひどい傷を負うこともあります。眼球を摘出せざるをえないケースもまれにあります。一般に、眼のけがのほとんどは軽いものですが、眼のまわりに大きなあざができて実際より外見がひどくみえることもあります。眼にけがをした場合は、けがの程度と必要な治療を判断するため、医師の診察を受けるべきです。

ページの先頭へ

次へ: 打撃による外傷(鈍的外傷)

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件