メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

周辺部角膜潰瘍

周辺部角膜潰瘍とは、角膜に炎症と潰瘍形成を生じる病気で、関節リウマチなどの結合組織病のある人に多くみられます。

周辺部角膜潰瘍は、自己免疫反応(自己免疫疾患を参照)によって引き起こされると考えられています。症状としては、視界がぼやける、明るい光に対して過敏になる、異物が眼に入って取れない感じがするなどがあります。潰瘍は角膜の周辺部にでき、形は普通は楕円形です。

関節リウマチと周辺部角膜潰瘍を患っている人は、治療を受けずにいると、角膜潰瘍が現れてから10年以内に約40%が死に至ります(原因は主に心臓発作)。免疫系を抑制する作用のあるシクロホスファミドなどの薬を使用して治療を行うことで、10年以内の死亡率を約8%にまで減らせます。

ページの先頭へ

前へ: 眼部帯状疱疹

次へ: 円錐角膜

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件