メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

高血圧網膜症

高血圧網膜症とは、高血圧が原因で網膜に損傷が生じる病気です。

高血圧症などで血圧が高くなると、網膜が損傷を受けることがあります。軽度の高血圧であっても、長い間治療しないでいると網膜の血管が損傷を受けます。高血圧によって網膜の毛細血管が損傷を受けると、血管の壁が厚くなり、そのため血管の内径が狭くなって、網膜への血液の供給が悪くなります。網膜のうち血液の供給が不足した部分だけに、小さな島状に損傷が生じることがあります。高血圧網膜症が進行すると網膜の中に血液がにじみ出ることがあり、このような状態になると視力は徐々に低下します。特に網膜の中心部にある黄斑でこれが起こると、視力の低下が進みます。

高血圧がある人では検眼鏡で網膜を観察し、この病気に特徴的な所見があるかをみて診断を行います。血圧が非常に高い場合は、視神経の前面が腫れているなどの変化がみられることもあります。

治療は血圧を下げることを目標に行います。血圧が非常に高く危険な状態にある場合は、早急に治療を行う必要があります。これは視力を守るためだけでなく、脳卒中、心不全、腎不全、心臓発作といった重篤な合併症を防ぐためにも重要です。

ページの先頭へ

前へ: 網膜中心動脈・静脈の閉塞

次へ: 糖尿病網膜症

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件